サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

ミサイル、朝ドラ、脚、餃子…

コピペの編集です。
火曜日、日本の上空をミサイルが飛びました。


○◆○◆○◆


うちの近くには、頑丈な建物なんてスーパーしかないし、地下はないし、そもそも3~4分じゃ移動できない。

スーパーくらいじゃ破壊される気がする。
近くに落ちたら死ぬしかないゎ。
テレビで見た、飛行機の待避姿勢みたいな体勢取っても、無駄だと思うなぁ…。

でも、とりあえず、窓から離れて伏せます!


======


だから~(;´Д`)
フランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」を知らない若い人が、「三男とさおりのシーンの曲、かわいい~」的なことを書いてると、すっごいモヤモヤする~。
#ひよっこ


***
で、さおり(米子)が凝視していたのは、時子のミニスカートでなく、きれいな脚のほうだと思った私。
脚、きれいだもんね、由衣ちゃん。
さすが、モデルさん。
#ひよっこ


***
サーキットで働いていた頃、キャンギャルさんやレースクイーンさんをたくさん見ましたが、一流どころの彼女たちの脚は、一般人の脚とは構造が異なっていました。
膝は出っぱっていなくて、膝下の2本の骨も長くてまっすぐでした。
美しかったなぁ…( ´∀`)

由衣ちゃんの脚も同様かな、と。


======


昨日も汁なし麺、今日も台湾風まぜそば(スープ付き)。
そして、最近の餃子率も異様に高し…( ´∀`)

でも、ついお店に吸い込まれてしまいまして。

Kimg1406

おいしかったので、よろしいのです。
ごちそうさまでした。

いい仕事を拝見しました

「ひとつ言えることは、走らなきゃ壊れない」
深い言葉です。

コースに出るたび、トラブルで帰ってきて修理の繰り返し。そんな午前中だった伊沢ですから。
コースのあちこちで局所的に雨がパラつき、「もう今日は帰ろうよ」感がパドックに漂っていた午後のセッション。彼のピットで、誰からかこの言葉が、半ば安堵のようにつぶやかれたのも無理からぬことだったかもしれません。

Matahashirenaiしかし、残り1時間を切った辺りで、天候も路面も回復。にわかに全ピットガレージがあわただしくなり、伊沢もマシンに乗り込みます。

ところがっ。
またトラブルが出て、エンジンをかけることさえできません。

いったんコックピットから出て、ヘルメットのままたたずむ伊沢…。
(ノД´。)ウゥッ

Newtsukemasuしかし!
なんとか修復を終えコースへ出ていく、そして!
何周かこなして、どうにかニュータイヤを履けるぞという感触を得たのか?
新品タイヤ投入です!(`・ω・´)

1周はタイヤを温めつつ様子を見、満を持してのアタックラップ。
そこで、「我らのヒーローたっくん(コピーライトby長屋)」は!

Kitakitakita赤い!
セクター1が赤い!

悲しいかな、ドベに近いため、伊沢のピットでは下位画面にしてあったわけですが、そこでいきなりセクタータイム最速の証し、赤い数字が!
スタッフからは「おぉ!」「速い…」の声が上がり、俺さまも思わず「ウホッw」と言ってしまいました(そのためブレてます)。

そして、ざわめきを聞きつけてモニタを見にきた監督。
「S字は速くてセクター2で落ちるってことは、(問題は)クルマだな…」

出ました!
「ドライバーは速い」のお墨付きといってもいい、この言葉!!

さらに、俺は聞き逃しませんでしたよ。
スタッフのひとりが、「速いじゃん。ちゃんと(マシンを)作ってあげようよ!」と言っていたのを…。
(ノД´。)ウゥッ

まるで、ドライバーのお手本のよう!
見事な仕事です。
ステキだ。ステキ過ぎですよ、伊沢さん!!(もう、さん付け)

Ichijitekini6iかくして、ストレートに帰ってくる頃に急いで上位画面にチャンネルを変えたところ、そのラップで一時的に6位!

俺さま、「もう帰ろうよ」感のとき帰らなくてよかったです。残っていたかいがありました。
よい仕事とは、こういうことをいうのだ…と、今日は伊沢さんに教えていただいた気がします。
勉強になりました、伊沢さん。
ありがとう、伊沢さん。
明日もあさっても頑張ってね、伊沢さん!

テストは進んでおります

Hashirenai緊張感のあるような、ないような、部分的に緊張が走ってるような、妙にゆるいような、そんな雰囲気の中、Fポンと2輪のテストが行われてますよ。(・∀・)

お天気も、変に黒い雲が来たような、寒いような、ときどき晴れて暑いような、たまに雨が落ちてきたりするような、そんな微妙な状況です。

午前中のたっくんは、諸々トラブルなどなど、出ていっては入りって感じでどんけつでしたが、午後はどうでしょうか。井出くんのほうは走り込んでましたが、17位なんでマシンはまだまだって感じすか。
って俺、別にARTAのレポートしに来てるわけじゃないっすけど。

Kounatte Topdashimashita
左:ロイックは身振りが細かいので、フランス語なのに何を言ってるのかがわかったり。
右:この雑談の後、乗り込んで1'41.742のトップタイムを出したブノワでしたが、後半アンドレに0.078秒やられて午前は2位。

Mediacenteruekara Blackoutnoato
いろんなところ、ガンガン工事中です。
ブラックアウト、ほんとになくなっちゃいましたね…。

わ、夕立みたいな雨キター!

パスも更新したし…

Shasokaraausお昼過ぎに鈴鹿に到着しました。
なんだか、朝のうちに帰路におつきになったというボスと入れ替わりですね。( ̄∀ ̄)フフ

さて、天気が悪くなりそうな予報もあったんですが、どうすかね。
とりあえず、ブラジル屋台のホットドッグと牛串、うまかったす。

写真は、近鉄の車窓から見えた大阪万博オーストラリア館です。
ご参考までに、ここに実際に行ったときの記事はこちらです。
3年半前すか…。
遠い昔のように思えますな。

ホンダの2008キックオフ

WithmachineHonda Racingの活動発表会とキックオフパーティーに行ってまいりました。
ロスさんやニックさん、バトンとバリチェロが揃い、なかなか豪華な発表会だったと思います。

質疑応答では、今季の活動発表と何の関係もないのに、「バリチェロの表記はバリケロとすべきである」という持論を長々と演説される激しくKYな方がいて、会場中を失笑させたのに加え、スーパーGTのルーキーである伊沢に「首席で卒業されたこと」についてを質問して、「ん?いつの何の話?ま、まさか6年も前のSRS?」と会場をザワつかせる人もいたりなんかして、結構楽しい時間になりました。

Seizoroidesuyo Nazekaegao
左:SGT、IRL、F1のマシンが揃いました。2輪コーナーにも、ズラーッと並んでましたよ。
右:ものすごい数のカメラマンの山のすき間に潜り込んで撮りました。

For_izawafanおまけの写真。
何人かの熱心な伊沢ファンの方がここを巡回してみえるようなので、お土産ということで(クリックでちょっと大きくなります)。
「主席で卒業」について、後ろの首脳陣や隣の勝智さんに(・∀・)クスクスされながらも、「えーと… え、えすあーるえすを主席で卒業できたのは…」とモジモジ応答するかわいいたっくんです。w

好みのおねえさんに取材されたとか、受付のおねえさんたちがみんなきれいだとか、パーティーを満喫したご様子でした。(当初より一部修正w)
負けるな、伊沢。がんばれ、伊沢。(`・ω・´)

今年のINDY JAPAN発表会は…

    インディカースレからいらした皆さま、お茶でもドゾー
  ∧_,,∧
  ( ´・ω・)つ,_ ∬ トポトポ
  /  つて_)アi|   
 と_'')_'')   旦 旦~ 旦~ 旦~

  ============ ここより本文 =========================

Hidekimoindydriverなにしろ、今年は武藤がアンドレッティ・グリーン・レーシングからの参戦ですからね。
レースファンとしての俺さまは昔っから武藤ファンですから、当然取材に行っちゃいましたよ(いちおう媒体関係者です)。

思えば、このブログの一番最初の記事は、F3の1年目に戸田さんとこで走ってた頃の武藤でしたよ。4年前っす。
は~、しみじみ。

ブッフェのランチタイムの後、囲み取材もしてきましたが(上の写真は違いますよ。テレビ撮影です)、あいかわらず彼らしいとぼけた答えとかがあって、おもしろかったです。
俺さまも質問にとぼけられて、笑いを取られてしまいました…。w ちきしょう…。
そこが武藤のいいところなんですが。(・∀・)

Iinaatrophy Ibarakimeibutsu
左:優勝トロフィーを見つめます。
そりゃ、欲しいでしょう。もてぎで日本人初の優勝者になれるでしょうか。
右:茨城名物の干し芋を贈呈される武藤。そして、その後ろには、また出た! ハッスル黄門!ww

Kireinacakes2 Kireinacakes1

Tosshinkomonsamaお料理はピザとパスタ2種とカレーとサンドイッチだけでしたが、ケーキたちがとてもキレイでした(ピザとサーモンパスタとケーキ4個を食った俺…)。

そして、ブッフェのケーキに向かって、よちよちと突進する黄門さま!
…と思ったら、茨城県のブースに向かってただけでした。

ちなみに、黄門さまのページを探してて見つけちゃったんですが、 ハッスル黄門出前サービスって…。(;・ω・)
来てくれてもいいとは思いますが、「インタビューも行えます!」って、ちょっと無理がないすか…。中の人がしゃべるわけでもないくせに。

まあ、気になった方は、出前注文してみてください。
きっと、よちよちと小股でやってきますよ、ハッスル黄門さまが。

仕事についてはまだまだ

生活は少しずつ普通に近づいてきたわけですが、仕事をどうしよう…ということを考えると、正しい決断はまだちょっと、う~ん…(  ̄ ~ ̄)って感じですね。
この程度の治癒度では、人生の決断をするわけにゃぁいかんですな。

今、サーキットに行きたいな、マシンが走るところを見たいな…という気持ちは強いし、速報原稿やインタビュー原稿なんかは、すぐにでもバシバシ書けそうに思うんですが。
突っ込んだレポートなどは、俺にいい企画や原稿なんかできるわけないじゃないか…と思い始めちゃうと、いきなりビルから飛び降りて死にたくなりますよ、えぇ。

ただ、モタスポ以外の仕事なら、できそうになってきました。
去年経験させていただいた、子供の名づけ本や猫カタログ。やってもやっても終わらず、地獄のように大変な仕事でしたが、本当に興味深く勉強にもなり、楽しかったです。
そういや、ゴーストライターも楽しかったなー…。

とりあえず、もう少しモタスポ以外の仕事を増やしていきたいと思ってます。
ここ数年、モタスポの情報をチェックするのでいっぱいいっぱいで、他のスポーツなどを見て楽しむ余裕がちょっとなくなっていたもんで、自分がものすごくつまんない人間になっちゃったように思えて、それがすごーくつらかったんですよね…。惨めで。
この辺の焦りも、病気が悪化した要因かもしれません。

さらに、全然違うジャンルになるんですが、ショップに立って物を売る仕事も、ものすごくしたいんですよ、今。
客として服や雑貨のお店に行くたびに、「あぁ~、こういう場所こそがあたしの舞台なんだよな~」と思えて仕方がありません。(ショップスタッフの職種でも、意外と年齢制限ゆるいところもあるんですよw)
やっぱり、20代はずっとそういう仕事をしていましたのでね。

さらにさらに、老後はちっちゃな喫茶店をのんびりやりたいという夢があるので、その修業も始めたいんですよね。
ケーキのおいしいカフェとかティールームとかで、バイトしたいなぁ…。

…とまあ、こんな感じで、今は正しい判断とは程遠いモヤモヤ状態ですんで、とりあえずは流れに任せて、病気の回復に努めますです。(・∀・)

オーバル・パレード走行スゴス!

…といっても、俺さまは必死で原稿を書いていましたけどね。
窓から見える様子と音で感じた限り、結構すごかったぞと。
何かというと、週末のFポン決勝前に行われた、オーバルコースのパレード走行です。

これ、観客の皆様には事前に告知しない「サプライズ」の企画だったのですね。
メディアセンターでは、事前に取材案内が配布されたので、サプライズだとは知らんかったです。自分はそれについて取材する立場になかったし。

でも、オーバルコースが見えないような場所にすでに移動しちゃってた観客の皆様からは、「教えといてくれよ」という訴えが出てますね。個人ブログや掲示板などで。
決勝をどこで見るかは人それぞれ好みがあるでしょうから、その時間帯には、もういろんな場所に散ってしまうもんなんですよね…。誠にお気の毒なことでした。

パレード走行が予想以上に結構な迫力だっただけに、よけいにね。
配布された案内資料には「130km/h程度」と書いてありましたが、あれ、もっと出てましたよね…。
いや、冒頭でも述べたとおり、おらは原稿書いてたんで、適当な判断ですが。

ゼッケン順の2列でパレードということなので、先頭はブノワです。
(・∀・)…フゥム
ネットでの噂のように、事前の打合せでの「130km/h程度」をシカトして、ブノワが勝手に加速しまくったんでしょうかね。w
とにかく、すげー飛ばしてたような気がしますが。

そんなわけなので、見られなかったお客様は残念でしたが、見られたお客様方にはおおむね好評だったようですな。
もてぎはオーバルがあるために、ロードコースのホームストレートが客席から遠いですからね。オーバルを走ってくれると、マシンを近くで見られるし、迫力があるんですよね。
まあ、オーバルでレースしてみれば、とは思いませんが、こういう企画はおもしろいと思いましたょ。

今日もいっぱい仕事したなと

そりゃぁ、昨日が一番忙しかったっすけど。

今回またFポン・F3・FCJが揃ったイベントで、このパターンだとF3に関わってる余裕がカケラもなかったのがこれまでなんですが、今日は3人からお話を聞けたんで、よしとしましょう。
白チームの2人はしょんぼりだったので、なんだかこっちもしょんぼりな気持ちでしたが。

あー、今回はあまり写真撮らなかったなぁ。

Komonsamagaというわけで、今日の写真は、「こいつも来てたか」と。

この後ろ姿…というか横向き姿。
この記事のときのコイツです。久しぶりに会ったね~。w
今回はグリッドボーイですか、黄門さま。

さて、そろそろ帰途に着きますか。
道混んでそうですねー…。

コチラざんまいでした

今回、もてぎには「コチラレーシングのみんな」が来てました。
いや、正確には「みんな」じゃなく3匹ですか。
(そういや、5月の記事にも書いたな…)

FCJのグリッドにも応援に来ましたよ。

Kochiraracing1 Kochiraracing2
左:2番グリッド・地元のヒーロー山本のところで、コチラレーシング監督のコチラちゃんとドライバーのバットが愛嬌を振りまきます。
右:夕方、メディアセンターに突然、監督と「マネージャー兼レースクイーン」?のチララちゃんが登場!(゚∀゚) ブレててすまんす。

Kankinobuchoちなみに山本、優勝しました。
待ちわびた初優勝です。

コチラレーシングも、激励したかいがあったってもんです。
よかったねぃ。おめでとう、部長!
(部長=彼のニックネームらしいっす。由来は知らんです。でも、自然に受け入れられるのが不思議。10代なのに…)

写真は、表彰台に登場したところ。
この直後、今にも泣きかけました。w

Kochiraracing3それにしても、コチラ監督の後ろ姿、かわいいのぅ。
シャツを突き破って出てる、この背中のギザギザ…ていうか、ツノ?
フカフカ~。( ´∀`)

より以前の記事一覧

Amazonサーチ