サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 始める、選択肢、温暖地… | トップページ | のど、プロののど、対処に失敗… »

ちょっと不気味な夢

長文です。


変な夢を見た。
自分はビデオで映画を見ている。
何十人かのチーム(国籍不明)が、宇宙からの敵勢力と戦っているという前提の映画。

主人公の戦士はゲイで、チームの何人かと関係を持つ。主人公の兄の研究者・宇宙船開発者はそれを知っていて、弟と挨拶する時にふざけてキスをしたりする。


宇宙船は白くて、よくある宇宙ステーションのような、中心に本部のあるドーナツ型というのか。ドーナツ部の4ヶ所に動力部がついていて、地球用のプロペラと、宇宙用のエンジンが備えられている模様。
文系の頭で空想された宇宙船なので、荒唐無稽であることには違いない。


怖いシーンもあった。
心象風景の中で、主人公は誰かに追いかけられ、走っている。
やっとクルマの中に逃げ込むと、前から何かが近づいてくる。
フードをかぶって真っ暗で顔のわからない、両目だけが赤く光っている者(宇宙人?)がだんだん近づいてくる。
怖くなった私は、急いでビデオを止め(VHSの時代設定ですね)、巻き戻す。
でも、また最初から見始めてしまう。


チームの壮行会のような、パーティーのシーン。
主人公が何かを買いに外に出る。
ここでなぜか、自分が映画の中に入ってしまう(夢だと、よくあります)。

若くてイケてないスタッフに離れた場所に連れ出され、「いいから、いいかげん、俺と付き合ってよ~」とイラついた様子で言われる。
「そんな気ないから!」と拒んでいるところに、帰ってきた主人公が登場!「離してやれ」と、助けられる。

私は主人公に何かの時の立て替え金?だかを請求し、彼はお札を2枚くらい渡してくれた。夢の中でもセコい私…。
そして、件の若いスタッフに私は何かセリフを言う。
「後輩としてなら、全然オッケーだから。変な気起こすのはほんとにやめて!」
…とかなんとか。何様だ、自分?


再び、視聴者に戻る。
草原の砦で敵と戦闘するシーン。撃ち合いのさなか、70くらいのベテラン隊員が目を撃たれて亡くなってしまう。
怖いから見ないようにしながら、ストーリーを追う。
死んだベテラン隊員を慕っていた若者が、大泣きしながらすがりつく。

すると、性格の悪い隊員が現れて、「早い時間にやられちまって、使い物にならない奴よ。ただの犬死にだな」と、死者を侮辱するようなことを言う。
若者は激怒し、何かを怒鳴りながらその隊員につかみかかるが、せせら笑いをされるだけ。
半狂乱の若者は「うわー!」と叫びながら走り出す。
女性隊員があわてて「待って!草原には地雷(?)が仕掛けてあることを忘れたの!?」と叫ぶが、時すでに遅し…。若者は地雷を踏んで、あえなく爆死。
こうして、隊員は少しずつ死んでいく。


場面は変わって、日本式料亭の一室で接待を受けるスポンサー?の図。
掛け軸に、私の祖母が描かれていて、びっくりしつつ、私はそのことをあらかじめ知っていたのか?
「ほら。見て!おばあちゃん、出てきた!」と、一緒に見ていた家族?に言う。
(ここで初めて、一緒に見ている人物がいるらしきことに、夢の中で気づく)
でも、よくよく見ると、掛け軸の女性の様子は変わっていて、ちょっとだけ祖母に似た描き方をされた杉村春子(今の人は知らないでしょう。昔の大女優さんです)になっている。
一緒に見ていた家族?たぶん母親?に、「これ、おばあちゃんでなく、杉村春子でしょう」と言われ、「うん。おばあちゃんに似た感じの、杉村春子…」とごまかす自分であった。


場面は変わり、ジムのようなところでトレーニングに励む、ゴリラ姿の隊員が…。
設定によると、ある心理的な強迫観念によって、ゴリラ姿でないと人前に出られないという疾患なのだが、戦闘能力は非常に優秀なメンバーである。
実際、この後のクライマックスのほうでも、重要な役割を担い、活躍する。
そして最後に、ゴリラの被りものを脱ぎ捨てると、これがアッと驚く人物であることがわかる…。らしい。


ここで、一緒に見ている人物が友達?に変わった模様。
「これさ~、心象風景みたいのが怖いんだよね~」と言われ、「追いかけられるシーンでしょ?なんか気持ち悪いのが迫ってくるの、怖いよね」と返す。
目の赤く光るアレを思い出し、またそのシーンで止めちゃうのかな…と思う。

 

ここの辺りで、夢から覚めてしまった。
ちょっと残念。もう少し見たかった。
ゴリラの正体は誰だったのだろう。

今、体調悪いです…。この夢は、体調が悪いことを自分に知らせる夢ですかね…。

« 始める、選択肢、温暖地… | トップページ | のど、プロののど、対処に失敗… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

見た夢の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 始める、選択肢、温暖地… | トップページ | のど、プロののど、対処に失敗… »

Amazonサーチ