サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« UCLバイエルン・ミュンヘン戦・第1レグ | トップページ | 四角、変換、角煮、映画余話… »

英国文化の映画をハシゴ

さて、英国文化に関する映画のハシゴです。
「ノーザン・ソウル」と「マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!」の2本。

1974年と60年代、観る順番と時代は逆になっちゃったけど。
両方、自分の子供時代のこと。昔の人はすごかった、ってことでしょうか。


***
「ノーザン・ソウル」は、よくできた青春映画であり、文化の紹介映画でした。

正直、あのダンスを今やりたいとは思わないし、ソウルはジャンルとしてとくに好きではないんで、入れ込んで観る感じじゃなかったけれど。

プロットはよくできてた上、2人の役者さんが共に男前なため、楽しかったです。


・『ノーザン・ソウル』予告編


***
「マイ・ジェネレーション」 は、いろいろ思いがあふれてしまいました。

まず、軽い気持ちで「ビートルズが好きだからリバプールを応援する」と決めた自分を、少し恥じました。

Cavern Clubの映像はこれまで何度も見てきたのに、この映画で観たその映像からは、もっと貴重な歴史の重みを感じました。
ビートルズもリバプールの街も、すばらしい歴史を背負っているという重み。
これからは、その点を尊重しながら、心してリバプールを応援しよう、と真面目に思いました。
Five Times(ヨーロッパで5回優勝)という言葉も、今まで以上に重たく聞こえると思います。


言うまでもなく、ロンドンと英国そのものの歴史にも、これまで以上に敬意を払いたいと思いました。
ロンドンは東京とたいして変わらないから異国情緒がないとか、Bayswater辺りは板橋区に雰囲気似てるとか、そういう失礼なことは、これからは言わないようにします。


大げさなことを言ってますが、映画はとても楽しい作品でした。
旧世代の人たちがみんなモンティ・パイソンに見えて、おかしくて仕方がありませんでした。

音楽はすべてすばらしかったです。
ジョン・レノンが好き過ぎて、Strawberry Fields Foreverでは泣きました。


最後に、今の英国に思いを馳せました。
ホンダの撤退で、Breaking Newsを流してうろたえた英国。

Brexitはどうなるのでしょう。
なんとか乗りきってほしいけど、日本のお金をそんなに頼られても、ね…。

最後に身もフタもないこと言ってすみません😆
とにかく、おすすめ!
#マイ・ジェネレーション


・映画『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』予告編

« UCLバイエルン・ミュンヘン戦・第1レグ | トップページ | 四角、変換、角煮、映画余話… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

PremierLeague」カテゴリの記事

Football(barPL)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国文化の映画をハシゴ:

« UCLバイエルン・ミュンヘン戦・第1レグ | トップページ | 四角、変換、角煮、映画余話… »

Amazonサーチ