サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« ジュリー、スアレス、途中下車、忘れてた… | トップページ | 親心、W杯決勝… »

ギャグをかます脳、バイアス…

週末に感じたことのコピペ編集です。


◇■◇■◇■


Img_11以前、父母の認知症の不安について書いたら、友達が「手をOKサインからキツネの形に変える、というのが、認知症だとうまくできない」といった簡単な診断法を教えてくれた。

この前、2人に会った時にやってもらった。
母親は軽くクリア。
父親は、最初キツネの形自体、薬指を親指につけづらそうにしていたが(中指だけになってしまう)、何度かチャレンジして、できるようになっていた。

「脳の刺激になるから、普段からときどきやったら?」と言うと、すかさず父親が大げさにやって見せながら、「電車ん中で一所懸命、こんなことしてww」と、おどけて見せた。
「完全に変な人じゃんねww」と突っ込んどいた。

会話の流れでギャグを打ち出すくらいの頭の回転は、まだ正常なのだね>父親
あんなに物忘れはイッちゃってるのに、不思議なもんだよねぃ…( ´∀`)


======


人間は、危機や不幸の真っ只中に放り込まれると、ときに防衛本能が働いて、感覚に大幅なバイアスを生じることがある。
まともな価値観や感覚のままキツい現実を捉えると、あまりにも怖すぎたり悲しすぎたりするからだ。

ガンで手術して入院していた時、無抵抗に押し付けられる圧倒的な現実の中で、おらは意外とスムーズに、認識にさっくりとバイアスをかけ、すぐに「この生活も悪くない。病院食はおいしいし、いろいろ楽しい」と思うようになった。

もう何年も、いい歳して鬱でニートという「危機の真っ只中」にいて、時にバイアスに頼って自らを楽にさせないと、すぐに劣等感や自責の念に押し潰されてしまうので、感覚の修正には慣れていたのかもしれない。

今でも歯を磨く時、病棟の端の洗面所で毎晩消灯ギリギリの時間に歯を磨いていた、入院中のシーンがフラッシュバックする。
宿直室の前のベンチに座りながら、ていねいに歯を磨いていた。静かなひとときだった。

磨き終わって病室に戻り、消灯後少しの間、イヤホンでテレビを見る。
この生活も悪くない…と思える時間だった。

« ジュリー、スアレス、途中下車、忘れてた… | トップページ | 親心、W杯決勝… »

介護関連」カテゴリの記事

健康と病気」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/59980009

この記事へのトラックバック一覧です: ギャグをかます脳、バイアス…:

« ジュリー、スアレス、途中下車、忘れてた… | トップページ | 親心、W杯決勝… »