サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 終わっちゃったねー( ´∀`) | トップページ | スペイン応援しますよ »

イングランド―地獄絵図の影響

超久々に散髪しに行ったんですが、やっぱりこの時期なんで、自然とサロンのスタッフさんたちとも、ワールドカップの話題になったわけです。

まあ、日本代表すごいっすね!…みたいな一般的な話かと思いきや、ひとりのおにいさんが結構マニアックに見てらっしゃるようなので、カラー液を塗り塗りしてもらいながら、いろいろ語り合ってしまいましたよ。

そして、そのおにいさんの読みでは、優勝大本命はオランダ!!…だそうです。
理由は、今回一番チームが仕上がってると思われるから、だったかな。

まあねぃ。
国内リーグやチャンピオンズリーグなどの大変な1シーズンを戦い終わってから、ほんとに「すぐ」ですからね、WCは。
それぞれのチームで死ぬほどがんばったばかりの選手たちをまとめて、チームとして仕上げるのは大変ですよね。

Welcomeback_eng1で、今回イングランドは、シーズン終了後の仕上げに完全に失敗したわけですが…。

メンバーの所属してるチームがどんな壮絶なシーズンを送ったかをちょっと振り返ってみると、挫折のつらさと現実のタフさに打ちのめされた選手たちの中では、ヨーロッパ予選を勝ちまくっていた頃の勝者のメンタリティーなんぞはもう、どっかに吹っ飛んじゃってたんじゃぁ?…と思えて仕方がないのです。


○まず、リーグとFAカップで2冠のチェルシーでさえ、CLでは以前このチームの監督だったモウリーニョさん率いるインテルに手も足も出ない形でやっつけられ、呆然と敗れ去る…という、この上ない挫折を味わって、このままじゃアンチェロッティさん、たった1シーズンでアブラモビッチにクビ切られちゃうんじゃ?って感じのところを、最後の最後、死に物狂いでやっと2冠をもぎ取ってなんとか救われた…という形でして、みんなゼイゼイ言いながらシーズンを終えたばかりでしたし。

○そのブルーズさんに負けちゃったマンUは、C・ロナウドという大スターを売っ払ってしまい、残ったみんなで歯を食いしばってがんばったシーズンなのに、結局たった勝ち点1差で逃げ切られて、悲願の4連覇を阻止されたこと自体ももちろんキツイ挫折だし、そのうえCLでも、3-0で勝ってるところからアウェイゴールで逆転されるという、なんとも精神的に陵辱されるような敗退の仕方でしたし。

○マンCは、夏になりふり構わずカネを使って集めたスター軍団が当初全然機能せず、監督の首を容赦なくすげ替えてようやく盛り返してきて、夢のCL出場権獲得目前まで迫ったものの、最終的には4位を取り損ねて、この上ない空虚感を味わいつつシーズンを終えましたし。

○そのマンCを、最終節の1個前の試合で見事にやっつけてCL出場権を取ったトッテナムが、ほんとだったら唯一ガンガンに勝者のメンタリティに満ち溢れてていいはずなのに、4位確定後にすべてが弾けて緩んでしまったのか、最終節ではサポ全員が激怒しそうなだらしない戦いっぷりで、なんと降格の決まってるチームにこてんぱんにやっつけられるという失態を演じ、大ガッカリでシーズンを締めくくる羽目になっちゃったし。

○アストンヴィラはまぁ、近年では毎度のことらしい?んですが、せっかく途中まで4位争いとかしてたのに、シーズン終盤完全に息切れして微妙な位置でふらふらしつつ、なんだか存在感まで消えちゃって、選手たちはがんばってるのに、もういてもいなくてもどうでもいいみたいな感じになっちゃったし(そう思ってたのは俺だけかw)。

○ウエストハムはずーっと降格ラインをゆらゆらして気の休まるときが一時もなく、途中で変わった新オーナーが監督を冷遇して、さらに成績に悪影響だったりしつつ、最後にやっと降格を回避してからの数試合はもう、無気力というほかないような戦いっぷりで、なんだか選手たちの心にポッカリ開いた穴の大きさがうかがい知れるような有り様でしたし。

○ポーツマスに至っては、プレミア初の破産→ポイント剥奪→降格確定のフルコースで、チームもサポも完全に打ちのめされ、もはやかける言葉もないくらいに気の毒な状態で、それでもFAカップでは粘りまくって決勝まで勝ち上がったものの、さすがに決勝では順当にブルーズさんにやっつけられちゃって、「さようならみんな。最後までありがとう…(´;ω;`)ノシ」だったし。

○最後にリバプールですが、言わずもがなの大惨事状態でして、チーム状況もプレー内容も完全崩壊して、選手もサポもみんな死にたいくらいの気持ちでシーズンを終えました。( ´∀`)ハハハハ…


これに、一部の人の怪我との戦いや、一部の不心得者wの下半身ゴシップ騒ぎなどもあったんで、みんなの心と体の疲弊はかなり大きかったと思うわけでして。
俺はもう、それでもこれだけがんばったイングランド代表を、心からねぎらいたい気持ちでいっぱいなのですよ…。

Welcomeback_eng2
ボールがゴールラインを割ったのに得点にならなかったランパードと、ゴールラインを割ってないボールをみすみす相手の得点にしちゃったグリーンが、並んで帰国の途に着きます。

昨日、「あのゴールが認められてたら違った展開が…」というのは負け惜しみだと断じた俺さまですが、ランパード…おまいにだけは、そのことを言う権利があると思っているよ…。(´・ω・`)


さて、そんなこんなの、イングランド代表をそこまで愛してるわけじゃない人にとっては濃すぎると思われる話は、さすがにサロンのおにいさんとはしてないんですが。

でも、「本田△」における△に含まれる微妙なニュアンスなどについて、お話をうかがったりすることができました。( ´∀`)ハハハハ
楽しかったです。

そして先ほど、リバポの選手同士が対決してるオランダ対スロバキアが終わりまして。
シュクルテル、残念だったね…。
カイト、やったね! サロンのおにいさんの予想通り、最後まで行っちゃえるかなっ。(゚∀゚)
そして果たして、バベルの出る機会はあるのか?w

これで、南アに残ってるレッズは6人。アルゼンチン、オランダ、スペインに2人ずつです。
がんばれ!死ぬほどがんばれ!(`・ω・´)

では、明日また「本田△」がたくさん見られることを祈りつつ、今日は寝るかな…。

« 終わっちゃったねー( ´∀`) | トップページ | スペイン応援しますよ »

Football(barPL)」カテゴリの記事

PremierLeague」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/48746065

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド―地獄絵図の影響:

« 終わっちゃったねー( ´∀`) | トップページ | スペイン応援しますよ »

Amazonサーチ