サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« ひぃ~これから最終節~ | トップページ | おめでとうとありがとう »

プレミア最終節実況カキコ

やってます~。(;・ω・)
3試合を同時に追うのは大変ですー。
ハーフタイムの様子です~。

Pl38_ht

ブルーズさんの2点目はPKでして、ファウルを行ったコールドウェルはセントオフ。ラティクスさん、10人になりました。
デビルズさんもこの後、さらに1得点してますが、もう決まったと思いたいところです…。

ガナーズさん、すごいなあ。これじゃ、スパーズさんの3位は難しいですね。

で、ちょっと心配事は、ゴールデンブーツ(最多ゴール)でルーニーと1点を争っているドログバが、ブルーズさんのPKでランパードが蹴るとき、物凄く不機嫌そうな顔をしたそうで。( ´∀`)ハハハハハ…

PKは普段からたいていランパードが蹴るし、このときファウルされた張本人もランパードだし、しょうがないんじゃぁ…?
それとも試合前に、今回ばかりはPKはドログバに…という打ち合わせでもあったんでしょうかね?

◆朝に追記:Jスポの放送見てます。ドログバ、蹴るって宣言してたんですね。他の選手に了承を取ってたかどうかはともかく…。

まぁ、「俺に蹴らせろや!」という気持ちもわかりますが、大切な試合の最中に、仲間の気分を萎えさせるようなことって、なんというか、お願いしますよ…。
もう若くないんだし。大人なんだし。

あ、でもブルーズさん、これでリーグでのGD記録、更新したかな?
あれ、GDでなくチーム最多得点のほうだったかな?

そんなわけで、これから2ndハーフです。

60分です。
ブルーズさん、さらに2点!(ドログバではなくカルーとアネルカ…)

デビルズさんも、お得意のオウンゴールで加点です。
今季のマンUでルーニーの次にゴール数が多いのって、オウンゴールのような気が…。

しかし、リバポは点が入らんなあ~…。
うっ、クラレッツさんが2点入れてスパーズさんと同点にしてる!すげえ!!
コークっていい選手だよなぁ。チェルシーに帰らないにしても、プレミアのチームでプレーしてほしいなぁ…。

あ!63分!ドログバが得点したようです!
ルーニーを抜いた!?

うっ、さらに!ブルーズさん、またPKもらいました。
今度はドログバに蹴らせたようです。
2点入れて、すっかり機嫌も直ったでしょうね…。
しかしブルーズさん、最終節も虐殺で締めくくっての優勝になりますね。さすがです。

おぉ、ルーニーが下がりました。
最後の最後に、ドログバにゴールデンブーツ取られちゃいましたねー…。

おぉ!?
クラレッツさんがさらに1点!スパーズさんをリードシタ━(゚∀゚)━!!

ドログバ、さらにゴール…。
こうなったら、スパーズさんがラティクスさんに対してやらかした9-1を抜いて、10点入れちゃうってのはどうすか?

そして、もうゴールレスドローの気配のリバプール。
アウェイでの勝てなさは異常。

あ!アディショナルに入って、アシュリー・コールがひっさしぶりにゴール!
8-0です。ブルーズさん、すごいです。

終わりました。
終わった後のことは、別記事で…。

« ひぃ~これから最終節~ | トップページ | おめでとうとありがとう »

PremierLeague」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/48320282

この記事へのトラックバック一覧です: プレミア最終節実況カキコ:

« ひぃ~これから最終節~ | トップページ | おめでとうとありがとう »