サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 埋もれ写真発掘 | トップページ | 兄弟連れてきたんか? »

スポーツイベントの大惨事

縁あってリバプールを応援しているので、一応ヒルズボロの悲劇に触れておきます。
この事故の頃からのファンとかでないんで、語るのはおこがましいんですが、スルーするのも心が痛むので。

イングランドのスタジアムからこれ以降、金網などのフェンスやテラス(立見エリア)が一切なくなるきっかけとなった、21年前の4月15日に起きた大惨事です。

群集の圧死といった類の事故で、96人もの死者と200人以上の負傷者というと、規模が壮絶すぎて俺さまは想像もつかず、気が遠くなります。
イングランドサッカー史上最悪と言われてるようですが、死者の数でいえば、スポーツイベントで起きた惨事の中でも、たぶん最悪にあたるんじゃないすかね。

俺さまは10数年前のBBCニュースで、この事件を知りました。毎年この時分になると報じられるんでね。
おらがフッボーファンになったのは、BBCニュースを見るようになった頃の少し後なので、たぶんフッボーを好きになるよりも先にこの悲劇を知ったように思います。

実際にどんな事故だったかは、wikiでも読んでいただくか、↓の動画など見ていただくとして…。

・Hillsborough disaster


で、この事故は人災とみなされてるようで、確かディスカバリーチャンネルの大惨事検証シリーズでも題材にされていたような気がします。
いくつかの悪条件が重なったうえに、対処の仕方もあまりよくなかったようですね。具体的には…。

ざっくりした要因を時系列の箇条書きで↓:
・FAカップの準決勝は、数万人の動員が見込まれるイベントである
・フーリガン対策として、スタジアムに警官隊は配備されていた
・当日、何らかの原因で高速道路の緊急工事が行われることになった
・その影響で渋滞が発生し、バス便も乱れた
・観客の到着が大幅に遅れ、試合開始ギリギリにゲート周辺に人があふれた
・パニックになるのを恐れたか、とにかく中に入れてしまおうと警官隊は考えた
・すでに場内は混雑していたにもかかわらず、ゲートを開放した
・リバプールサポーター側のテラスに、一度に大量の観客が殺到した
・金網フェンス付近にて死傷者発生。阿鼻叫喚の事態…
・混乱が始まっても、警官隊その他は異変に気づくのが遅れた
・事情を把握しない警官隊は、避難しようとする人々を押し戻したりした


などなど、えーと、拾ってきた情報に過ぎないんで、どこまで事実関係と一致してるかわからないんですが…。
ともかく、周辺交通情報に応じた対策がちゃんとなされてなかったり、場内の誘導や警備体制が非常に残念だったりしたために、防げたかもしれない大事故が起きたあげく、被害も大きくなってしまった感じでしょうか。
事件の経緯には、恐ろしい教訓がたくさん詰まってそうです。

そういえば、今はあまり騒がれなくなった「フーリガン」ですが、当時はまだ大々的に言われてたかもです。
この数年前には、リバプールサポが加害者の立場になった別の事件(こちら参照)もあったようですね。

そのこともあってか、大衆紙の「THE Sun」は当初、この事故をリバプールサポの自業自得であるかのように報じたり、他にもいろいろ失礼なことを書いたらしく、KOPさんたちはそのことを今でも絶対に許さないみたいです。
まあ、いくら大衆紙とはいえ、大量の死者が出た深刻な事故についてそのような表現で煽るって、かなり不謹慎ですよね…。


しかし、こうした悲しい出来事の教訓が生きて、現在のイングランドでは、安全性の高いスタジアム(どこもかしこも味気ないデザインになったとお嘆きのオールドファンの方もおいでのようですが…)で安心して観戦することができるんですから、その点は収穫です。
おらもそのうち、イングランドに限っては、いくつかのスタジアムで観戦してみたいなと思ってます。

さて、冒頭の動画でも犠牲者の皆さんの名前と年齢が出てましたが、リバポ公式サイトでも昨日は記事がいくつかアップされまして、「LFC remembers the 96」と題された記事に犠牲者の全氏名が掲載されています。

遺族の方は、記念碑やらのいろいろな場所に亡くなった家族の名前が記される、その気持ちはありがたいと感じておいでかもしれませんが…。
どこにも名前が載る機会なんぞなくても、ただ「生きている」ということのほうが、ずっと幸せなんですよね、本当は…。

« 埋もれ写真発掘 | トップページ | 兄弟連れてきたんか? »

PremierLeague」カテゴリの記事

事件や社会」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/48088030

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツイベントの大惨事:

« 埋もれ写真発掘 | トップページ | 兄弟連れてきたんか? »