サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« フッボーでの大怪我 | トップページ | 代表、こじれてきましたが… »

格闘技と暴行の境目を思った昨日

ちょっと、前の記事の追記からの続きになっちゃうんですが。

昨日のリバプール対ブラックバーンはまったく放送予定がないんで、仕方なくストリーミングで見ていたわけなんですけどね。

確かに、そもそもがイングランドのフッボーはフィジカルの当たりがキツイです。
この前のマージーサイドダービーなんか、リバプールもエバートンも格闘技みたいな…というか、ちょっとした何かの抗争みたいな感じでしたしね。( ´∀`)ハハハハハ

なので、たまにそうした喧嘩サッカーになってしまうのはしょうがないかなとも思います。

とくに、格下チームがアウェイで格上のチームに挑戦するときなどは、なりふり構わない感じになるものらしいので。

ただ、そうであるにしても、昨日のブラックバーンはちょっと…。
あそこまで行くと格闘技やケンカを通り越して、ほとんど暴力行為に近かったかなと思えまして。

以下、SkySportsのライブコメンタリーより引用いたしますが(訳はおらが勝手にやってます)。


○エンゾンジがルーカスをドツき倒してイエローの場面
'N'Zonzi wrestles Lucas to the ground and then pushes the Brazilian over when confronted by the Liverpool man. I have seen a red card for lesser offences before.'
「エンゾンジがルーカスを地面に投げ倒し、抵抗しようとしたブラジル人リバプール選手をさらに押し倒した。これより軽い反則でもレッドカードが出た事例を見たことがあるくらいだが」


○チンボンダがマキシの腹へ蹴りを入れるもノーファウルの場面
'Chimbonda could be in trouble here. The Rovers man is fouled late by Maxi but as he falls to the ground he digs his studs into the winger's ribs. However after consulting the linesman Alan Wiley takes no action.'
「チンボンダはここで罰を受けていてもよかった。ローバーズのこの選手はマキシにファウルを受けたが、彼をキックしてアバラにスパイクの鋲を食らわせつつ落下。この件について線審から報告を受けたにもかかわらず、主審アラン・ワイリーは何もしなかった」


もうね。どつき倒すとか、腹いせにスパイクの裏で腹を蹴りつけるとか、両方レッドじゃないでしょうか。イエローで済ますとか、ましてやスルーするとか、なんなんすか…。
他にも、とくに後半はもう、こうした危険な行為が何度繰り返されたことか。

ラファによれば:
"We have four or five players bleeding and Maxi with stud marks."
「うちの選手は4、5人出血してたし、マキシはスパイクの跡をつけていた」

また、この日の戦い方について、ブラックバーンのアラダイス監督に対して出されたラファのコメントが、各メディアやブログなどで広く語られていますね。

"I think he's a model for managers all around the world. I am sure his style of football, his behaviour - everything. It's the perfect model for all the kids."
「彼は世界中の監督のひとつの模範だろうね。彼のフットボールのスタイル、振る舞いなど、何もかもが子供たちの完璧なお手本だ」

嫌味にしては、なんとまあそのまんまなのでありましょう…。
イングランド暮らしももう長いんですから、もう少しねじるとかひねるとか、やりようもあったでしょうに。( ´∀`)ハハハハハ

でもまあ、勝ったからよかったです。
マキシがなんだかやりたいようにやれるようになったのはうれしい変化なんで、これ以降、ぜひとも生かしていってほしいところです。

久しぶりに、トーレスのゴールも見られてうれしいです。
がしかし…。

世知辛い考えですが、下位チームとの対戦でもトーレスを効率的に使ってゴールを量産して得失点差をちきちき稼ごうぜ…くらいの気持ちでいないと、もう4位争いが本当に厳しくなってきてるんじゃないかなと、俺さま考え始めているんですが。
今節のスパーズさん、またまたパブリュチェンコの確変続いてて、あのエバートンをやっつけちゃったし…。

もうそんくらい、状況はやばいと思うんですが、そんなことを言っても、ブラックバーン相手でも1点差でしか勝てなかったんですから、「量産」とか無茶な望みってもんすかね…。(´・ω・`)

« フッボーでの大怪我 | トップページ | 代表、こじれてきましたが… »

PremierLeague」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/47698241

この記事へのトラックバック一覧です: 格闘技と暴行の境目を思った昨日:

« フッボーでの大怪我 | トップページ | 代表、こじれてきましたが… »