サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« みんな子供たち… | トップページ | 数ヶ月ぶりのビレバン »

英語の話―Noel Or Die

本題に入る前にまず、英語と日本語の違いについて、ひとつの事例を挙げておきます。


以前、ひなた屋さんから、お知り合いが外国で道に迷い、現地の方に「ここはどこですか?」と聞きたかったとき、日本語のまま単語直訳をして「Where is here?」とたずねてしまった…というお話をうかがいましてね。

Where Is Here…

すごいです。
時空を、いや、次元をも超えた概念というんでしょうか。
哲学や宇宙物理学をもってしても理解しがたい、なんとも壮大な世界観を持つ文が出来上がってしまいました。

長嶋茂雄さんがハワイのレストランで注文するときに「アイアムステーキ」と言った…なんて話も有名ですが、まあ、こんな具合に、英語と日本語は理論も構造も違うために、なかなかに難しいのですよね。
その辺、俺さまも似たようなことをやってると思うので、人様のことは全然言えないのですが…。


そこで、「Noel Or Die」です。

これは、とあるOasisファンの日本女性が考えついた言葉でして。
この春にOasisが来日した折り、ノエルさんご本人に掲げて見せたはよいものの、ノエルさんはこの言葉の意味がわからず、ご本人のブログねたにも使われたという、誉れ高き伝説のフレーズであります。

詳しくは、こちらなどご参照ください。
オアシスのノエル、日本のファンについてブログ


参考までに、その原文を転載しておきます。
英語のお勉強になるな、と思う方はご覧になっていただいてもよいし、英文に興味ない方は飛ばしてください。


Before I get off, tell me what you think of this.. There's been a fan following me around since I got here carrying a sign that says, in fluorescent lettering, NOEL OR DIE! Now given the fact that the Japanese have a certain way with the English, I'm still not quite sure what it means. NOEL OR DIE!??


That girl was waiting for me at the airport. With the sign. "NOEL OR DIE". What does it mean!? I did try and ask her, sadly all she was interested in was a bloody picture. I then used the tried and tested English method for international communication; I asked her really ..slowly.

"WHAT ...DOES ...IT ...MEAN?"


She looked at me like The Mighty I looks at me when I'm asking him something.

"THE SIGN ...WHAT ...DOES ...IT ...MEAN?"

She replied very slowly with two simple words.

"SIGN? ...YES"


That's got to the bottom of that then, eh? I'm glad I AM Noel though. Wouldn't want to die, or anything.
(© http://www.oasisinet.com/)

とほほほ…(;´∀`)


さて、問題の「Noel Or Die」。
考えれば考えるほど禅問答のようで、なんとも解釈しがたい言葉です。

取り方によっては、「ノエル以外死ね」みたいな不穏当なニュアンスもありえますか?
その辺が彼の発言、「でも、俺はノエルで良かったよ。死にたくねえからな」になる感じでしょうか。


まあ、日本語的に解釈すれば、おそらくは世間の推測どおり、「No Noel, No Life」といった意味なのでしょう。

あるいは、「好きすぎて死ぬ」みたいな感じですか?
きっと、そこまでノエルさんのことが好きなんですよね、この女性は。

そのシンプルでわかりやすい熱意と、このおそろしく難解な言葉…というギャップに思いをはせるたびに、俺さまはついつい笑ってしまうんですよねー。( ´∀`)ハハハハ


余談ですが、某掲示板では、これを「Noel or 死す」(ノエル オア シス=Noel Oasis)であると解読?した人もいたようで。
なかなかすごいですねー。(・∀・)


ところで、この前のフジロックでまたノエルさんは来日されたわけですが、この女性ファンの方、今度は「Noel Or Die Tシャツ」wまで作成されていたそうです。

その件で、またまたノエルさんのブログに登場してますからね。
「Noel Or Die」という言葉は、もはや世界的に知られた存在といってもいいかもしれません。

日本人の英語、ある意味、世界に通用してますねー。( ´∀`)ハハハハハ

« みんな子供たち… | トップページ | 数ヶ月ぶりのビレバン »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/45785777

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の話―Noel Or Die:

« みんな子供たち… | トップページ | 数ヶ月ぶりのビレバン »