サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 日記を読むこと | トップページ | 風呂、好きなんだけどね »

12チャンネルの天気予報

30代半ば以上の方だと、覚えておいでかもしれません。
藤城清治さんの影絵が使われていた、12チャンネル(今のテレ東)の夕方の天気予報。

日本映画専門チャンネルで藤城作品をまとめてやっていたので、録画して見てみたんですね。そしたら、やっぱりあの頃の天気予報作品をまた見たいな…と改めて思っちゃいましたよ。


というのは、あの映像、つべとかの動画サイトにも全然出てないし、藤城さんの公式サイトで見ても商品化されてる様子はないしで、もう二度と見られないんじゃないかとさびしく思っておるからです。

やっぱし、木馬座が藤城さんデザインの人形を使っていた頃の人形劇や、テレビの「ケロヨン」を見ていた世代ですから。
えぇ、20世紀少年でもおなじみ、「バッハッハーイ!」のケロヨンです。
だから、あの影絵天気予報もかなり好きだったんですょねー…。


今回の特集で見た作品群みたいのもまぁ、いいことはいいんですが、歌やセリフが入ってガッツリ物語になっちゃってるものだったので。ちょっと、おなかいっぱいでした。

あの天気予報の、音楽と映像だけで淡々と進み、時間はたった3分くらい、というあっけなさがとても恋しいです。
あー、どっかで見られないかなぁ…。


◆2010.10.21追記
コメントいただいたトッピーさんがご紹介してくださったものと同じかと思われますが、今年になってつべにも動画が上がったようなので、貼っておきます。

・テレビ東京 天気予報 (1981)


ちなみに、藤城さんの作品で俺さまの好きな点は、大きな作品に細かい要素がたくさんちりばめられているところでしょうか。(・∀・)

Kobitonorakuen
「こびとの楽園」。
この中に、猫やらフクロウやらアライグマやら、いっぱいいるんですが、そういう細かいもんを探すの、好きなんですよ。


Keroyongairuほら、ケロヨンもいたりします。
横には、友達のモグちゃんが。w

なお、画像はネットの拾いものですが、Copyright (c) Seiji Fujishiro All rights reserved.であります。

« 日記を読むこと | トップページ | 風呂、好きなんだけどね »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この影絵大好きでした。
でも、どこか寂しくなって泣きそうになってチャンネル変えてたのも今思い出しました>笑

今見ると幻想的でやはりどこか寂しくて、素敵ですね。

>アブニュールさん
フルートの曲のプログラムが一番好きなんですけど、あれなんかは寂しかったですね。
雪山の崖の上に1騎の木馬がぽつんとあって、ゆっくり上下に動いてたりして。小さい子なら泣くかも。w

わぁ、懐かしい...綺麗でしたよねshine
確かに、子供心に、なんだか物悲しかったです。私だけじゃなかったんですね!

TEPCO天気情報ありますよ。あまり画質はよくないのですが貴重な資料です。下記ブログ(私のじゃないです)の中ほどの「TEPCO天気情報」をクリックすると短いですが動画が見れます。ご参考まで。
http://blog.toppy.net/?eid=835245

>あゆさん
影絵って、基本暗いところに光があって陰影を作ってるんで、そもそもがメランコリックではありますな。
夢を見てるような幻想的な感じもあるんで、子供にとっては少し不安な感じもあるかもです。

>ケロヨンさん
いらっしゃいまし。( ・ω・)つ旦
リンクご紹介ありがとうございます。

TEPCOになってからは、オープニングとエンディングだけになってしまって、本編はおねぃさんが天気予報をご案内してますね。
これ、まだ東京電力だった時代は、本編のほうが丸々3分くらい、影絵と音楽のプログラムだったんですよ。
それが楽しかったんですょねぃ…。

はじめまして。

上のコメントで紹介されたブログを運営しております。TOPPYと申します。リファからやってまいりました。

藤城さんの世界には吸い込まれますね。なぜかどこか悲哀や寂しさを感じてしまう部分があるのも、これまた魅力だと思います。

東京12チャンネルの天気予報をお探しとのことで、自分で録画したものではなく、人から戴いた物なので、大っぴらにはアップできないのですが、こっそりここに置いておきます。ご希望のものかどうかはわかりませんが、よかったらダウンロードしてみてくださいませ。

http://www.wild-plan.com/weather1981.wmv

それでは~。

>トッピーさん
いらっしゃいまし!( ・∀・)つ旦

うぉぉおおお! これはすごい!
そうですそうです! この、おばちゃんくさいしゃべり方の女性の「こんばんはっ」と、よくわかんないおじさんの語り!
影絵天気予報の後期の特徴ですね。懐かしいですー。( ´∀`)

ネズミさんのプログラムも、懐かしく拝見しました。この映像には、違う音楽が当てられていたこともあったんじゃないでしょうか。
ていうか、記憶する限りでは、同じ映像が違う音楽で…というのは、この天気予報ではよくあったなぁと思い出しました。

いろいろと懐かしいです。
おもしろいものを教えてくださいまして、ありがとうございました!

どうも、ケロヨンでございます。

>トッピーさま
影絵の天気予報は私もあちこち探しまして、トッピーさんのところで見つけたときは大変感激したのですが、さらにすごいものをアップして頂きまして大変ありがとうございます。この場をお借りいたしましてお礼申し上げます。

>よ。さま
このブログがあったおかげで念願の長い方の影絵を入手できました。
ありがとうございました。

>ケロヨンさん
お礼なんて、とんでもございません。お互い、よかったですね。

なお、ピュンピュン丸関係のコメントについては、当該記事のほうに移動させていただきました。
どうか、ご了承ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/43931878

この記事へのトラックバック一覧です: 12チャンネルの天気予報:

« 日記を読むこと | トップページ | 風呂、好きなんだけどね »

Amazonサーチ