サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 「フラガール」を見ました | トップページ | チコリ100%コーヒー飲んだお »

映画の「魂萌え!」も見ました

ここ、映画ブログじゃないんですが、これもmixiレビュー転載で、ほんとにすいませんね。
たまたまいろいろ録画しちゃって、すぐ見ないと上書きしなきゃなんないもんで、ガンガン観ちゃったんですよ。

で、ドラマ版のほうは以前に見てまして、この記事にレビューがあります


●魂萌え! 2007年公開

映画を見て、以前書いたドラマのほうのレビューを改めて見返してみました。
ふーむ…。

最初のモッサリ度と後半の強そう度、その変貌っぷりは、ドラマの高畑淳子のほうがスゴかったと思います。

でも、セリフのないところでの表情の演技は、風吹ジュンもとても秀逸でした。この役は、やっぱり顔演技がものをいいますね。


愛人のほうは、ドラマの高橋恵子には「もっと下品でもいいのに」と物足りなさを感じましたが、三田佳子は妖怪みたいですごかったす。

ちょっと年齢が行き過ぎてる気もしますが、だからこそ、本妻の「なんでコイツなんだよ!」という驚きと、遊びじゃないんだ、2人の間には愛があったんだ…というショックが伝わってきます。
バカそうな若い愛人ならともかく、あのような妖怪では…。


忘れてはいけないのが宮里さんと野田さんなんですが、トヨエツ大好きなのでうれしかったです。

でもちょっとな…。
野田さんは、逆にドラマの宇梶剛士のほうが、いかにもうさんくさくて怪しくて、よかったかもしれんです。
トヨエツの野田さんは、ただ生きるのが下手な人みたいで、少し弱弱しく…。
もっとうさんくさいトヨエツが見たかったす。


んで、映画版で一番「え~('A`)」と思ったのが、愛人のおやぢとの別れ方でして、あれは引くよなぁ…。
ドラマでは決然としていて、よかったのに。

でも、原作の本ではこっちに近い気がします。読んでませんけど。なんとなく。


そういや、おらは映画の「阿修羅のごとく」もレビュー書いたばっかりなんですが、これの昔のドラマ版では、ここで宮里さん役をやってた加藤治子が長女で、風吹ジュンが末娘だったんですよね…。

そして、「阿修羅…」もそうですが、この映画もやっぱり「どんなに痛いことがあっても、人生はおもしろい」ってところにまとまるんですょねぃ。
ほんとに、おもしろいよ。生きてるってことは。

« 「フラガール」を見ました | トップページ | チコリ100%コーヒー飲んだお »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/40164538

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の「魂萌え!」も見ました:

« 「フラガール」を見ました | トップページ | チコリ100%コーヒー飲んだお »