サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 食い正月を懺悔します | トップページ | よかったです、ほんとに »

一応、リリイ・シュシュの感想

去年、見たことだけ書いといて、たいした感想も書いていなかったので、久しぶりにmixiに書いたレビューを、こちらにも掲載しておきます。

冒頭のパソコンの文字。
後ろに流れるのは、まんまビョークのパクリ。
そしたら、パソコンの文字にもbjorkが現れたので、アッハッハ!と笑いました。
なんでも、「エーテル」を表現してる音楽?とからしいです。

スピリチュアルに心酔するファン。魂をつかむ音楽…といった設定には、ピッタリだと思いました。この「リリイ・シュシュ」の音楽は全部ね。
よくできてます。さすがです。

個人的には、「回復する傷」が好きですな。
これ、「キルビル」にも使われたらしいですが。w

この曲が、剣道部の3年生が引退するときの心温まるシーンで流れたのは、とてもステキでした。
ライブの後のクライマックスに流れたときも、なんともいえませんでしたが…。

そして、この映画は確かに悲惨な話なんですが、ドビュッシーの音楽を使って、救いようのない話をあえて美しく描いたということこそが、制作した人たちの子供たちへの愛なんだと思えるんですが。

大人たちよ。どうしようもない子供たちの現状を、ただ糾弾したり忌み嫌ったり、ましてや見ないふりしてるだけって、どうなのよ? という意思表示を汲み取ったような気がしました。

なにしろ、この映画に出てくる大人たちは、ほぼ全員、バカで鈍感で無神経でどうしようもない人間として描かれています。極端なくらいに。
またそれを、役者さんたちがうまく演じてて、気分悪いほどでした。

現実には、もっといい大人もたくさんいますから、希望はあると思います。
希望を持ちたいですね。持ちましょう。

« 食い正月を懺悔します | トップページ | よかったです、ほんとに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/17606308

この記事へのトラックバック一覧です: 一応、リリイ・シュシュの感想:

« 食い正月を懺悔します | トップページ | よかったです、ほんとに »

Amazonサーチ