サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« あっけないほど有馬記念 | トップページ | 満ちマグ当たったす~♪ »

犯罪者の家族ふたたび

「手紙」をテレビで放送したので、「犯罪者の家族」という語句の検索でいらっしゃる人が一時的に増えました。
この記事ですね。
これを書いていたこともあり、俺さまも見てみましたよ、この映画。


で、グーグルでこのフレーズを検索すると、トップに来るのが「犯罪者の家族もまた被害者である」なんですが、まぁ、それに尽きますかね。

遺族と家族が苦しんでいる限り、加害者は罪を犯し続けている…といった言葉が映画の中にもありましたが、そういうことですな。


会社の会長さんの言葉が胸にしみましたが、その中で、恐ろしい罪を犯した人間と近い存在を自分から遠ざけようとする行動(つまり加害者の家族に向けられる差別)は、人として仕方のないこと…といったようなことが言われていました。

身もフタもないですが、そういうものなのかもしれません。
そして、だから差別のないところに逃げるのでなく、「そこで生き続けなければいけない」ということも、そのとおりなのかもです。


とても重いし、なんだか救いがないですが、しょうがないっすかねぃ。
血はつながってますし、家族ですから。

答えは出ませんね。
答えなんか出さずに、ただ生きていかなくちゃいけないんでしょう。

« あっけないほど有馬記念 | トップページ | 満ちマグ当たったす~♪ »

事件や社会」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/17457992

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪者の家族ふたたび:

« あっけないほど有馬記念 | トップページ | 満ちマグ当たったす~♪ »