サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« イカのおすしって知ってますょね | トップページ | 外国の人はどう思うのだろう? »

結局何年ぶりかわからんが楽しかった

高校3年のときにクラスが一緒になり、なにかと仲良くしていただいていたあゆさんとは、もうここ15年ほどは年賀状のやり取りのみになってたんですが。
mixiでつながってから、このブログにもコメントをいただいたりするようになって、ただメルアドを教え合うだけよりもなんとなく楽にアクセスしやすいような感じで、こんな変化があったりすると、SNSもいいよな、と思ったりもしますね。
普段ほとんど活用してないんですけどね。てへ。

で、今日は久しぶりにお会いして、「最後に会ったのいつだっけ?」というのを最初に言いつつ、結局最後まで判明しませんでして、やっぱり俺さまが吉祥寺の某店で働いてたときに来店してもらったときか、おらが結婚してから家に来てもらったときのどっちかですかね。
別にそんなにがんばって突き止めなくてもいいんですけど、17年くらいは経ってるな、ってことで。

再会の場所は、一応「行ったことない話題の場所系」ってことで表参道ヒルズにしてみたんですが、おしゃべりが目的だったこともあり、意外と狭いじゃんってこともあり、「だから何?」って感じの印象ですねぃ…。
六本木ヒルズに行ったときも思いましたが、みんな変わったものをありがたがるんですね…。

Tororogohanでも、螺旋構造はおもしろかったし、ごはんがおいしかったので良しとしましょう。写真は「とろろご飯セット」みたいなランチです。

赤出しのお味噌汁の具がルッコラ(すまん。バジルだったかも…)だったのもおもしろいし、天ぷらが「プチトマトのベーコン巻き」と「里芋を裏ごししたっぽいモッチリネッチリしたものに、なんかのキノコを混ぜ込んでコロッケの中身みたいにしたやつに、アラレの衣をつけて揚げてあるやつ」(長いけど、そうとしか…)だったのも珍しい感じです。
おいしかったです、この「里芋を(ry」の天ぷら。キノコの風味と香りがすごくよくて。

Hyotannoyounaあと、お漬物のこのプチひょうたん。
こんなのがあるんですね。野菜の一種ですか? カリカリしておいしかったです。
いや実は、ひょうたんじゃない丸いほうのお漬物も、正体が何なのか、よくわかんなかった俺。菜っ葉類の根元に近い白いところかなぁ?

そんなわけで、お昼をいただいた「やさい家めい」。ランチに限っては、量的に男の人には「ぜんぜん足んねー」のひと言のもとに却下されそうですが、女の人にはよさそうっすよ。

その後は、螺旋構造をグルグル見て回り、表参道をうろうろしてスイーツのあるお茶の店を探しましたが、結局、高校のときも一緒に行ったね、そんで「とりかえっこ」の絵本を見て『む』に超ウケたね、の「クレヨンハウス」に行き、地下でケーキとか食っちゃいました。
写真はないけど、胡桃とメレンゲのケーキ、妙にうまかったです。バターがいい香りだったからかな。

まー、そんな感じで楽しみつつ、この年代で久々に友だちと再会するとどうしてもそうなっちゃうわけですが、病気と体の不具合の話ばっかり延々としてたような気がするんで、また近々うまいもんでも食べにいって、今度は景気のいい話やエロい話でもしましょうかねぃ。

« イカのおすしって知ってますょね | トップページ | 外国の人はどう思うのだろう? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 そのプチひょうたん、みたいなのは「ひょうろぎ」だと
思います。

横の正体不明の丸いのは、瓜ではないでしょうか?

>好寅さん
それって、黒豆に入っている「ちょうろぎ」あるいは「ちょろぎ」とは違うものですか? ググってもわかりませんでした。
ちなみに、見た感じ食べた感じでは、あのちょうろぎとは違うものでしたよ。

>ayaさん
それが、瓜じゃないんすよ。緑色で、外側が何枚かはがれるような感じなのでね。
だから最初、芽キャベツかなと思ったんですが、中まで葉が詰まってる芽キャベツと違って、中は白く一体でカリカリだったんですな。

昨日の午後から東京出張でして、今日のお昼に一応おさえておこうと表参道ヒルズへ行き、まったく同じモノを食べましたよ。おいしかった!お漬物の丸いもの、食べた感じがザーサイ味に感じたけど、ひょうたん共々 見当がつかなかったわ。ホントなんなのかな?

表参道ヒルズ、建物はらせん状の面白い形状をしてるけど、同じところをぐるぐる歩くことになって目が回りそうな感じになっちゃった。まぁ、中のショップによっぽどお目当てがなければ、一度のぞけば充分かなぁ。

お世話になりました!楽しかったっす(よ。さん風...)
次回はエロい話、かしこまりましたっ!!
あのお漬け物、ひょうたん型のも丸っこいのも一体何だったんでしょうねえ...
チョロギは螺旋状になってるからちょっと違うかな...
今になってEメールで「コミュニティ・ニュース」ということで届きましたが、昨日の書き込みだったとは!
しかし、学生時代の友達って、不思議です。全く異なる生活を何十年とお互いしてても、なんだかあの頃(高校生いや女子高生?ゥフ)の続きのような気がして...(それってやはり妄想ですか?)

>makoさん
あぁ、ザーサイに似てたねぃ。シャキッとしてな。
しかし、今日いらしたんですか。日替わりでおかずが違ったかもっすね。

>あゆさん
ぃゃ、マジ楽しかったっすょ。お疲れさまでした。

しかし、外部ブログの書き込みがmixiページに反映されるのって、ひどいときは半日以上かかるので、コミュニティニュースに載るのはもっと遅いでしょうねぃ。

でまぁ、高校時代に人間のベースができた部分は、今もそのまま自分の土台に残ってるし、各時代ごとにそういうものがあるんですょね。俺さまの場合。
だから、どの時代の人と久々に会っても、それぞれにその頃の空気感みたいなものを、意外と簡単に取り戻しちゃうのかもしれません。

写真を拝見する限り、小鉢のものが違うぐらいかな。
小芋やこんにゃくの煮付けでしたヨ。

>makoさん
おぉ、なるほど。この小鉢は、おあげやニンジンの入った、ごく普通のひじきの煮物でしたょ。味付けも一般的な甘辛で。

 あ、たぶん 同じものだと思います 何かの根っこ。
会津では「ひょうろぎ」 漬け物にします。

>好寅さん
そうすかー。でも、写真のはそれじゃないんだなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/13826757

この記事へのトラックバック一覧です: 結局何年ぶりかわからんが楽しかった:

« イカのおすしって知ってますょね | トップページ | 外国の人はどう思うのだろう? »

Amazonサーチ