サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« よかったね、とるるるる(゚∀゚) | トップページ | おいしいもの・しじみそば編 »

昭和初期のハイカラなおうち

また、芋たこなんきんについてっす。

あの、主人公のご実家の写真館ですが。
いいっすねー。( ´∀`) 楽しそうですー。

時代が昭和十何年なので、ちょうどうちの父親があんな感じだったかもと想像します。
父親の実家も、街中で商売をやってるおうちで、職人が住み込んでたり、お手伝いがいたりしたらしいので。

もちろん、父親の実家は東京・浅草だし、商売は写真ではなく手作業の工芸品だったので、このドラマのおうちみたいに上品ではなく、もちっとガラが悪い感じだったかと思いますが…。
それに、こんなに上の代の人まで同居してたわけじゃなかったと思いますが、かわりに兄弟姉妹が10人いたので、やっぱり賑やかだったろうなぁと。

でも、おうちに娯楽がある感じとか、あんな時代なのに洋食レストランや活動(映画)に行ったりという「お出かけ」をしてる感じは、たぶんちょっと似てたんじゃないかなと。
お小遣いも結構もらって、当時は屋台のおやつだったもんじゃ焼きとか串かつを学校帰りに食べたりして、楽しい子供時代を過ごしたようですねぃ。

まあ、そんな暮らしも、戦争で全部なくなっちゃうんですけどね。
軽井沢に持ってた別荘は、問答無用で土地ごと没収され、実家は空襲で焼けて跡形もなくなり、父親の父と姉は一緒に焼け死にました。
会ったことないまま死んじゃったおじいちゃん、伯母さん、かわいそうでしたね。

すべてを失って一文無し同然になった父親の一族が、戦後にどうやって暮らしを立て直したかというのも気になるんですが、そのお話になると、またちょっとガラが悪いことが絡んでくるみたいなんでww、そこは内緒にしておきます。
先祖の名誉のために。( ̄∀ ̄)

で、ドラマに戻ると、やっぱりこの写真館も戦争で焼けて、その後すぐお父さんも死んじゃうんですね。
その辺の描写がいつ頃来るのかわかりませんが(あるのかどうかも?)、引き続き「主人公の子供から少女時代」を楽しみにしながら見ることにします。
しかし、子役たちがみんなかわいいな…。素でおもろい。

« よかったね、とるるるる(゚∀゚) | トップページ | おいしいもの・しじみそば編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/12422161

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和初期のハイカラなおうち:

« よかったね、とるるるる(゚∀゚) | トップページ | おいしいもの・しじみそば編 »