サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 「ハンカチ王子こと」とか言ってるし… | トップページ | Fポン富士なんですが »

シュレッダーのある家庭

なんだろう。
いやな気持ちとともに、「マヒ」という言葉が最初に浮かんできました。

子供が生まれた友達は、みんな言っていたことです。
子供が歩き始めて動き回るようになる頃、触られたら困るもの、すなわち汚されたり壊されたりしたくない大事なものと、触ったらケガをするかもしれない危険なものを全部、子供の手の届かないところに移動しなきゃならない。すげー大変だ…。

そんなことは、どこの家庭でもやってることだとばかり思ってて、ましてやシュレッダーみたいな恐ろしい機械を子供が触れる状態にしてある家があるとは、思ってもみませんでした。

でも、シュレッダーなんてもんは、聞いただけで「ミンサー(挽き肉製造機)」と同じくらいスプラッターな機械だということは、普通の人間ならわかるんじゃないかと。
いや、聞いただけでわかんない鈍い人がいたとしても、自分で買った人ってのは、一度使ってみればすぐわかるはずじゃないすかね。

それなのに、なんで2歳の子供が指を9本失うことになるのか。
もうね。アホかと。バカかと。

悲惨な目にあった子供はメチャクチャかわいそうだし、その親はものすごく自分を責めてるだろうから、こういう言い方をしたら申し訳ないけど、やっぱり言っちゃうと、あの有名な「電子レンジに猫を入れた人」みたいな印象があります。
感覚がマヒしてるとしか思えません。

この手の事故でメーカーが必要以上に悪く言われるのは、なんだか気の毒ですなー。
俺さま、「だって、猫を入れたら死ぬとは書いてなかったから」とかの理屈、とても嫌いなんですよねー。
人間としての普通の感覚を捨て去った上に、思考も停止させてしまっているとしか思えないんで。

« 「ハンカチ王子こと」とか言ってるし… | トップページ | Fポン富士なんですが »

事件や社会」カテゴリの記事

コメント

僕も同じことを感じましたねえ。まず親がきちんと目を光らせて事故に至らないようにしておくべきだったと思うし、メーカーに事故の責任をとらせるのは酷だなあと。メーカーがこれを機に安全策を強化することは必要だと思いますけど。このままいくと、ハサミや包丁で怪我をしたのまでメーカーの責任にされてしまいかねないと思います。

全く同感ですだ。
電動のシュレッダーなんて、怖くて置きっぱになんて出来まっしぇん、おらは。
んで、メーカーに文句言うとわ。
何でこんな人達が増えちったんでしょうかねぃ。

私もそう思いました。ウチにもシュレッダーありますけど、コンセントは使うときだけしか入れないし、子供がねている時に使っています。子供が寝ているときじゃないと、ゆっくり書類なんか整理できないからだけど。

できるだけ安全に作ってもらいたいのはもちろんだけど、メーカーだけが悪者っていう図式はちょっと気の毒だなぁと。

何でも悪い結果は誰かのせいにしたい昨今の風潮、少々気に入りませぬ。
叩いても、叩き返されない相手を徹底的に叩くマスコミの姿も
何だか異様に見えてしまいまふ。

でも、子を持つ親御さん達の気持ちを想像すると、
自分の見守れる範囲の中で、子供が恙無く無事に1日を過ごすという事が、
どんなにありがたいと思える事なんだろうかと、思わずにはいられませんでしたょ。

>kunioさん
テクニカルライターさまだと、取説などの冒頭の警告パレードで、「こんなことまで警告するんかいっ」と感じながら仕事してる人も多そうな気が…。
感覚マヒの人間ばかりだと、ますます当たり前のことまでいちいち警告するようになりますね。
「断裁用の刃に触れると大怪我をします」とか。
…そりゃ、怪我するだろうて。

>kaneponさん
まぁ、当の指切断幼児の親が実際にどういう行動に出たかを知らないので、メーカーに直接文句言ったかどうかはさておき、メディアがメーカーを追及するかのような動きなのが、なんかイヤ。

>う。さん
できるだけ安全に作ってほしいのは、大人が使う場合でもそうだけどね…。
おらは正直、シュレッダー怖いから。自分の指が十分入るほど口の大きく開いたヤツなんて、おらは使いたくないな。

>ネコさん
昔のほうがいろんなもんがガサツにできてたから、子供が怪我する機会は多かった気がします。
何かのフチとかが切りっぱなしの金属だったり、エアコンなんかなくて、すごく熱くなっちゃうストーブが普通に部屋に置いてあったり。
危険がもっともっと多くて、子供がつつがなく1日を過ごすのが今より大変だったような…。
だから、よけいに気をつけてた気が…ってか、気をつけるのが当たり前になってたから、それほど大変でもなかったのかな。

今は「何も気をつけなくても安全が保障されてる暮らし」が当たり前になってきて、感覚がマヒしたとしか思えません。

使う方の責任はとりあえず置いときますが。
シュレッダーといえば老舗の明光商会にいわせれば、紙の吸入口の幅とか吸入口から裁断刃の距離とかは、設計によって危険がある恐れはとっくに承知の上だったようです。個人情報保護なんちゃらでシュレッダー需要が高まって、そこまで考えてないメーカーが適当な設計の機械をお安く売ってしまった責任はあると思います。
子供でなくても、ボーっとしててポカミスする可能性はあるわけですから。技術の進歩というのが、性能を落とさずに安全面に配慮することもありだと思います。

>いとうさん
そうです。いい製品も売られていて、そんな中で適当なメーカーのぁゃιぃ商品も売ってるわけです。まぁ、そんなのはどんなものでも同じですよね。ナイフやはさみや包丁でも。
でも、それだったら、賢い消費者は危険で粗悪な製品は買わないかと。ていうか、おらは怖がりなので、入り口が広いシュレッダーなんて怖くて買えないし。
買ってしまったうえに、取り返しのつかない事故が起きてから騒ぐというところが、感覚のマヒだょなぁ。

お久しぶりです。
「事故の起きたシュレッダー」のニュースの時に、床の上に直接そのシュレッダーを置いているお母さんが、「私が仕事しているとそばに来て触ったりしますので」「(まだ2歳なので)言ってもわかりませんから」などとコメントしているのを聞いて、やっぱり親のせいもある、と思いました。
1歳でも2歳でも、命に関わるようなことだったら、たたいてでもやめさせる、普通はそうしてると思うのだけど、
このお母さんはそこまでしなかったのかな?なんで?

↓私もバッグにはいつもミニタオル入れてます!

>supikaさん
どうもです。
2歳じゃ言ってもわからない、というのはわかるんですが、だったら電源切ってカバーかけておくとか、使うときはどっかにヒモでつないどくとか、手立てはあるかと。
まぁ、いいです。どこかで人のせいにしたい気持ちがある限り、なんか理屈つけて文句を言うでしょうから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュレッダーのある家庭:

« 「ハンカチ王子こと」とか言ってるし… | トップページ | Fポン富士なんですが »

Amazonサーチ