サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« ほんとに勝ったな、たっくん | トップページ | やっぱり招かれざるライオンなのか »

複雑な気分で現場を後にし、WC決勝を…

昨日おとといと、かわいがってる子らの1-2フィニッシュを見ることができて、とても魂が浄化された気がするょ。
メインレースFポンでのブノワの圧勝も、彼のF3時代から「白人なのに子供顔で、かわいい人だな」と思いながら見ていた身としては、そして、今年の仕事を通じても、そろそろ勝ってほしいなと思っていたので、すがすがしい気分だ。

反対に、やっぱり例の問題では、たくさんの子供たちの意欲がアホな大人たちに踏みにじられた感じがして、後味の悪さも残ってる。

結局昨日は、Fポンの表彰式の最中にサーキットを後にし、早めに帰宅することができたけど(それでも9時半頃かな)、やっぱり疲れてたんだょね。
日付が変わった頃に寝て、3時に一応テレビがタイマーでついたけど、イタリアが1点入れて同点になった後の記憶がない…。(・д・;)
気づいたら、ニュースやってた。イタリアが勝ってた。

イタリア、おめでとう。イタリアが勝ってくれて、嬉しいよ。
その気持ちは強いけど、やっぱりPK戦はつらいな。とくに決勝だし。
あれで天国と地獄が分かれるなんてな。

ともあれ。
イタリア人にしては普段感情が顔に表れず、常に冷静に走り回ってる印象のピルロが、PKの間ずっと不安げにカンナバーロに抱きついてて、優勝が決まった瞬間に歓喜爆発!って感じだったのが、妙に微笑ましかったな。

体ちっちゃいのに、みんなのお兄ちゃんみたいになってる主将のカンナバーロも、いいね。
短パン脱いでるガットゥーゾも、かわいかった。
みんなでW杯にキスしたり、奪い合ったりしてる様子も、「イタリア人ってバカじゃん」という能天気さにあふれてて、よかった。
いつものシガーを片手にW杯にキスしたリッピ。カッコつけすぎ(・A・)イクナイ。

さて、お祭りは終わったね。
みんなに待ってた日常は、楽しいものだったかな。

« ほんとに勝ったな、たっくん | トップページ | やっぱり招かれざるライオンなのか »

スポーツ」カテゴリの記事

レースのお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複雑な気分で現場を後にし、WC決勝を…:

« ほんとに勝ったな、たっくん | トップページ | やっぱり招かれざるライオンなのか »

Amazonサーチ