サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 3ヶ月ぶりに散髪したょ(・∀・) | トップページ | 中田によれば、人生は旅か。 »

生き物と戦い、倒す!(`・ω・´)

夕方のニュースで、軽井沢で暴れまわる猿の群れと、そいつらと戦う人間たちの様子を報じてました。
エアガンを「パパパパパン!」と撃ちまくりながら、走って猿を追う人たちを見てて、パレスチナの戦闘地区みたいにすげぇ!と思ったりしました。

と同時に、20年近く前、自分が経験した、ある害獣駆除体験を思い出したりしてました。

21世紀になっても、都会に住んでる人でも、やっぱり生き物との死闘はあるもんですょね。
みんな、夏は蚊をペシッと潰してるでしょう。四肢もバラバラで胴体はグチャッと潰れ、結構グロい死体写真が撮れそうな状態ですが、こんなのは夏の風物詩ですょね。
また、ゴキゴキが出れば、戦って倒しますゃね。毒薬をふりかけたり、スリッパや丸めた新聞などで殺害します。

まあ、このように、昆虫レベルなら日常的な感じがしますが、これが哺乳類となると、あまり機会がないわけっす。
いや、庭にンコしにくる猫を、水ぶっかけて追っ払ったりとか、そういうのはあるでしょうけどね。
「殺害する機会」となると、ないでしょう。
哺乳類を殺害するなんてこと、我々は慣れてないんですょねぃ…。

でも、20年くらい前、とあるデパートに入ってるショップで働いてた頃、小さな哺乳類と死闘を繰り広げなければならない状況に置かれたことがありました。
そう、ネズミです。

その頃、古いビルには大量のネズミが住み着いてて、たまに売り場に出てきちゃったりしてたんですね。今は、超音波を発生させるネズミ避けとか、いろんなツールがあるから、売り場に出ることは、おそらくないんでしょうけど。

んで、夜の間に売り場を暴れまわって、排泄物やダニで商品を汚されたりもしてたんですょ。最悪なことに。
だもんで、シーチングをかけて汚されないようにするんですが、朝出勤すると、そのシーチングの上に糞やら尿やらダニやらがいっぱいのっかってて、もー地獄のような有り様でしたょ。

出勤した後のもうひとつの地獄。
連中を捕獲するために、粘着シートが二つ折りになった形のネズミ捕りを開いて、床にたくさん仕掛けて帰るんですけどね。そこに何匹もネズミがかかって、虫の息になってたりするわけです。
それを、グイッと二つ折りにして(背骨とかがボキボキッと折れる…)、ゴミ袋に投げ込み、集積所に捨てに行くんですよ。

この、「ネズミが張り付いてるシートを、骨が折れようが内臓が出ようが構わず、バキバキと二つ折りにする」っていうのが、やっぱどうしてもできないんですね。
…うげーっ。(;´Д`)
だから、男の人に頼んでましたけどね。男の人だって、イヤそうでしたょ、そりゃあ。

そういや、何度か走り回っての捕り物もありましたねぃ。
1回、あるバイトの女の子がとっさに出した足の下にちょうどネズミがハマり、逆にその子は「ひぇえ~!どうしよう!」って感じになっちゃったことがありまして。

社員の男の人がそこで命じたこと。
男社員「でかした! そのまま強く踏め!」
女の子「ででで、できません!」
男社員「バカ!早く踏め!血が出るまで踏みつけろ!」
女の子「無理ですー!!!(半泣き)」

…できませんよね。

しかし、あの時代はスゴかった…。

もちろん、もっと昔には自宅にネズミが出たりしてて、ネズミ捕りにかかった奴を父親がとっとと殺したりしてたんですが。
あー、昔の人は強かったな…。

« 3ヶ月ぶりに散髪したょ(・∀・) | トップページ | 中田によれば、人生は旅か。 »

一般のお仕事」カテゴリの記事

科学や自然」カテゴリの記事

コメント

★お食事前、最中の方はご遠慮ください。
★動物愛護協会の方もご遠慮ください。

実家では猫を飼っていて彼女が鼠を
捕獲していたわけですが、ある日、
勝手口の縁の下でゴソゴソ、キュー、
ニャーゴという音と声がしたので
覗いてみると、猫が鼠の捕獲に成功、
お食事の真っ最中でした。うげげ。
鼠捕りの籠も常備しておりました。
捕獲に成功すると、祖母や母は裏の
溝川に籠ごと浸して絶命を待ちます。
一方、戦争体験・兵隊体験のあります
祖父や父はそりゃあまあ残酷でした。
常備していた灯油を振りかけて火を
放ち、籠の中を逃げ惑う姿を僕ら
イタイケな子どもに見せるんですよ。
まあ40年近く前の出来事ですけど。

>石井さま
うちも、籠のままバケツの水に浸けたりしてましたが、それはあまりにひどいのでやめよう、という話になり、その後の殺害方法としては、ベンジンやシンナーを浸したちり紙や脱脂綿と一緒にビニール袋に入れる、というものになりました。
この手の揮発系薬剤は一発で脳にダメージを与えるので、結構すぐ死にます。一番残酷じゃないやり方かなと。

猫や犬が…というのでは、一度親戚の家に遊びに行ってる時、そこのワンちゃんが野鳥を捕まえて召し上がってしまい、土間を血の海にしてしまったことがありましたねー。( ´∀`)ハハハ

うわ〜。絶句。
でも、やらなくちゃ仕方ないこともあるんですよね、世の中には。

>MICCHANさま

この頃は、実はたいていのデパートで似たような状況がありましたねー。
今はどうか知りませんけれど。

読んでるうちに、高校3年生の生物の最後の授業が、
ハツカネズミの解剖だった事を思い出しましたょ。
女子校で「や~、かわいそ~!」「できなーい!」「気持ち悪~い!」
とかいうピヨピヨ声が飛び交う中、友人と2人、
とっとと気絶させ、解剖し、並べて、確認レポートを出したのですが、
私って人間は、考えてるよりすごく残酷になれるんだなーと自覚したのは、
多分あの時が初めてだったかも。
「殺したら喰え」の父の教えもできませんでしたし。

>ネコさん
ねずみ、食えねっすー。( ̄□ ̄;)
解剖は、苦手っすー。(;´Д`)
てか、気絶状態から切り刻むんでなく、ちゃんと息の根を止めてから切り刻まないと、命に申し訳ない気がする…。

先日YouTubeで家畜のと殺シーンのビデオを見てしまいました。
豚さんや牛さんや鳥さんが泣き叫び、血まみれになってグッタリする・・・。
弱肉強食は自然の摂理とは言え、そういうシーンには目を背けたくなるのが人情でしょうか。
そういうダーティーな仕事をする人がいて、おいしいお肉を食べられるんだなと思いました!

>バタフライさん
普通の食肉処理では、そういう殺し方はしないのでは??
血は速やかに抜かないと肉がまずくなるので、あまり血まみれ的な図にはならないような気がするんですが…。
それは、グロ動画として演出された画像かもですょぅ?

泣き叫ぶのは、「そのときが来た」ということが動物にもわかるから、殺される前だと思います。建物に入る時とか。
で、殺す時はできるだけ一気にシメないと鮮度が落ちる、というのは魚と一緒だと思うので、泣き叫んだり暴れたりさせず、一瞬で死を迎えさせ、とっとと太い動脈を切って血抜き、という手はずかと。

以前、どこかの食肉処理場が子供向けのビデオ(豚編)を作って、小学校で上映活動をしてる(感謝の心を教えるため)というニュースを見ましたが、そこでも、豚は結構一瞬で亡き者にされてた気がします。

あ。でも、昔見たNHKの食のドキュメンタリーで、ドイツの昔ながらの農家のやり方を「あえて今やる」という企画をやってましたが、そこでは、豚を押さえつけて頚動脈のところをほんの少し切り(ちょっとだから痛くない)、急速に出血することでスーッと意識がなくなっていく…という、ある意味やさしい殺し方をしてました。

でも、泣けました。
かわいがってた豚さんだもの。(´;ω;`)

ウチの実家でも鼠捕りの籠は常備しておりました。
だって、夜中に天井大運動会だったんだもーん。それだけ居たんだよ。(^^ゞ
捕まえた鼠は籠ごと庭のバケツに浸けました。
友人のウチの玄関にはいつも半殺しの鼠が置かれていました。いじめではありません。飼い猫が「見て見て~」と戦利品を置いて行くんですね。
こう言うことが当たり前だったんですね、私の生活圏では。
今もし鼠が現れても、同じコトをそのまま出来ると思うよあたし。

>kaneponさん
うちの実家は、今でも天井や壁の向こう側にネズミいますょ。
ただ、もう土間の風呂釜もないし、外に出てくることはないので、あの籠は何十年も前に捨てたと思います。

猫が並べるネズミや小鳥やトカゲの死体は、まぁ猫を外飼いしてる家では、今もやっぱり風物詩じゃないすかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/10982213

この記事へのトラックバック一覧です: 生き物と戦い、倒す!(`・ω・´):

« 3ヶ月ぶりに散髪したょ(・∀・) | トップページ | 中田によれば、人生は旅か。 »