サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« ミスドのプレゼントによく当たるわけだが | トップページ | ほんとに勝ったな、たっくん »

やっと勝ったな、塚越~( ´∀`)

前日のテストではトップタイムを取らずに、予選で2回とも1番。
そして、まず第1レース決勝で磐石のポールトゥウィン。

懐かしいよ。去年のFDを思い出すよ。
また、こんな塚越を見ることができて、ものすごくホッとしているよ。

そして、2位には伊沢だもんな。よかったよかった。
鈴鹿くらいは、ワンツーフィニッシュしたかったょねぃ。ほんとに。

ていうか、伊沢。
強い塚越が帰ってきたからこそ、今日は勝ってみせろよ。
期待してる。


**********
…というわけで、今回は写真もなく、ここからはFCJについて。

レース界随一の毒舌家、K井さんが「FCJって、『フォーミュラ・茶番劇・ジャパン』か」といったことを言ってましたが、まさにそういうことですな。

そもそも、同業他社3社が合同でひとつのプロジェクトを運営するってだけでも、困難を極めるだろうな…とは、常識的に考えれば最初からわかってることっすょね。
それが、モータースポーツを支えるトヨタ、日産、ホンダ(五十音順…ってことわっておかなきゃいかんかね、やっぱりw)の3社が、ってことになったら、まとめ役は相当頑張らなきゃ大変だぞってことくらい、当たり前ですゃね。

それを、何もまとめようともしないまま、必要なことをすべて放置したままにスタートの日を迎えちゃって、結局、優勝者や上位入賞者にシリーズポイントもつかないという、競技でも試合でもない謎のレースが決行されちまったような感じなんですが。
サイテーだし、わけわかんないです。

しかも、当の参加ドライバーたちは、それを当日聞かされて呆然とするわけですよ。
よくまぁ、こんなひどいことができたもんです。

あのねぇ、十代からハタチ前後のドライバーの卵たちは、こういう登竜門的なレースに本気で人生かけてるんですよ。
しかも、参加費用を数百万も払ってる「お客様」でもあるわけでしょう。

そして、その費用を調達するために、彼らは自分で探して獲得したスポンサーを抱えてたりしましてね。
そのスポンサーさんたちには、「このレースに参戦する自分に投資していただくことが、いかに御社にとって対費用効果があることか」をさんざん売り込んで、頼み込んだ上でお金を出していただいてるわけです。
そのレースが、こんなグダグダになってしまったことを、彼らはスポンサーにどう説明すればいいんでしょうか。

おらはこの件に関して、何も自分で取材はしてないし、漏れ伝わってくる話を聞いてるだけですけどね。
当事者たちも周辺関係者も、なぜこんなことになったのか完全には理解してないんじゃないか、すべての事情を把握してる人はほとんどいないんじゃないか、ってくらいに、もつれ合い、こじれちゃってる気がします。

誰が責任を持って、このグジャグジャを解きほぐしていくのか、知りませんけどね。
とにかく、ドライバーたちに対しては、これ以上残酷な仕打ちを与えるのはやめてもらいたいものです。

« ミスドのプレゼントによく当たるわけだが | トップページ | ほんとに勝ったな、たっくん »

レースのお仕事」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

よ。さん、いつも拝見してますです。こうらは、筑波ともてぎでFJを見てきました、身体ひとつで頑張って頑張ってやっとここまでたどりついた少年たち(エントリフィが用意出来ずに泣いたやつもいるのに)の頑張りを、こんなかたちで踏みにじってムダにしてほしくないっす。まさに、メンタル面での試練、ですわな、少年たちに、つよく乗り越えてほしい、としか云えません。

>kouraさん
セッションのリザルトって、ネット上ではどこにも掲載されてないすか?もしかして。
今回、表向きには「ドライバーの実力差」とかなんとか言われてましたが、実際はこれだけの人数でタイム差が4秒くらいです。1回行われた予選のトップが関口の2'05.073、27位が2'09.238ですから。

これなら、そうたいした実力差ではないっすよ。まあ、勝負に参加できるのは上位10人かなって感じですけど、それほど危険とは感じないです。
まあ、第2戦決勝では、まだ17周は無理かな…というドライバーもいた気がしますが、これも経験値や体力の問題だと思うし。

そんなわけで、ほんとのところ事情が錯綜しちゃってて、表向きには、そういう情報は出てきそうもないです。それどころか、参加ドライバーたちにもちゃんと説明しちゃいませんから、ハラハラしています。
これから、どうなっていきますかね…。

実力差はもっと有ってもいいと思いますよ。玉石の中から勝ち上がってくるのが普通でしょ。逆にないほうがガチンコで怖いかも。
少なくとも、エントリリストのなかで、四輪の公式レース未経験らしいのはいるけれど、殆どが、カートなり海外なりでレースの経験があるわけで。多少のゴタゴタがあって弾き飛ばされたとしても、それがレースってもんでしょう。
どれだけの完走があるか、ってもっぱらの話題だったのに、主催は何の心配してるんだか?って思いましたけど、
「未熟な選手を慮ってというより、何かあった時に責任を追求されたくない人がいろいろ口出しした結果ではないのか」
という意見をみて、さもありなん、と。
リザルトは鈴鹿サーキットの公式結果しか見ていません。某巨大掲示板にも今回は載ってないみたいですね。

>kouraさん
責任を追及されたくない人が口出しをした、というのが今回の原因になったかどうかは知らないのですが、まぁ、とにかくいろいろなところから、いろいろな口出しはあったかもしれませんね。
さらに、それらを収拾つける役目のセクションが、これまた仕事してなかったかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと勝ったな、塚越~( ´∀`):

« ミスドのプレゼントによく当たるわけだが | トップページ | ほんとに勝ったな、たっくん »

Amazonサーチ