サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« あれ?数日書いてなかったな | トップページ | 急に電話がかかってきたら »

粛々と生きていきますよ

前の記事で、本田美奈子死去に関してのコメントをいくつもいただいちゃったので、一応思ったことを書いておくと。

中尊寺ゆつこのときも、杉浦日向子のときもそうだけど、天から何か才能を与えられていて、それを使命として自らも自覚して、仕事に生かしながら才能を世の中に還元していくような、そういう人生のうまい使い方をしている人に限ってこういうことになると、どうしても思っちゃうですよ。

とくに何の能力もなく、ぼーっと人生を費やしている自分のような人間が生きながらえているのに、こういう人が病気に魅入られて亡くなってしまうのはやりきれないなとか。
まさに、南野陽子が通夜のインタビューで言ってた、「私を筆頭に歌も上手じゃなく努力もしない人がいっぱいいるのになんで…」という気持ちと同じなのだけど。

一応、どんな人間にも生きている価値はあり、誰でも命の重さは同じだよ、ということはわきまえているつもりだけどね。
才能のある人と無能な人、みんなから好かれてる人と嫌われてる人、努力してる人と怠けてる人、よい心がけの人と悪質な企みを持つ人、などなど、いろいろな人間がいるわけだけど、ひとりひとりの命の重さはみな同じはずですわな。

でも、亡くなってもったいないと思う深さとか、世間で惜しまれる度合いというのが、やっぱり人情として差が出ちゃうのは悲しいことだな。
そして、そう思っちゃうと、自分なんかが生きてることの意味が、ほんとに希薄に感じられてくるわけだ。

それでも、自分が人間のひとりである限り、生きていることそのものに意味があるはずなので、生き続けなきゃなと思い直すんだけどね。

« あれ?数日書いてなかったな | トップページ | 急に電話がかかってきたら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まあ、わたしごときがこの手の話題に加わるのもおこがましいような気もするけどね。わたしの場合は、知っている人は知っている、知らない人は知らないという状況に追い込まれたわけだ。決して生命の危機にさらされたわけではないが「このままなら高確率で死ぬよ」と。

それを治すための治療の副作用で、ほとんど1年にわたってまあ本当に死にかけたわけだが、それを通り過ぎて今思うのは、「生きるぞ」という意欲であり「生きているのはなんて素晴らしいことなんだ」という喜びなんだな。と言いつつ鬱病に苦しんでいたりもするけれど、基本的には本当に喜んでいる。

その立場から言わせてもらうと、生命の価値とか人生の価値なんてものは、それぞれの個人にとって絶対的なものであって、相対的なものではないわけだよ。あの人に比べて無為徒食の自分なんて、と考えるのはそれこそ生命に対して不遜な行為でね。

自分の価値なんてものを考える前に、「生きてて嬉しい」とただ喜ぶべきなんだと思うよ。だから本田美奈子が死んだときも、半年ほど前に同級生が死んだときも、(随分状況は違うが)それなりに慌てたけれども、わたしは「ああ、でも自分は生きていて良かった」と思った。思うことにした。世間でどう思われようが、オレ様は生きていて嬉しいぞ、と。

わたしは壊れた身体のリハビリでランニングを始めて、すっかり趣味になってしまったけれど、走っている間はいつも「こうやって走れて苦しくなったりできるのは嬉しいな」と考えることにしてるんだ。だって本当だからね。

>ボスたん
おっしゃるとおりです。
おらも10年ほど前に病気とか鬱症状とかで苦しんで以来、紅茶1杯飲んだだけで他に何も生産的なことをしなかった日でも、紅茶を飲みながら「あー幸せだ。生きててよかった。今日はいい1日だった」と思えるようになったので、基本的にはそんな感じなんですけどね。
やっぱり、若くていろんなことをしてる人が志半ばで命を奪われると、気持ちが揺さぶられるわけですよ。

そんで、ボスはとりあえず鬱病ではないっすよ。鬱症状はあるかもしれませんが。
最近の傾向では結構重度なところからを鬱病と呼び、区別してるみたいなんで、ちょっと厳密になってみました。(・∀・)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/7042803

この記事へのトラックバック一覧です: 粛々と生きていきますよ:

« あれ?数日書いてなかったな | トップページ | 急に電話がかかってきたら »