サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 同類?仲間?共犯者?(;゚Д゚) | トップページ | また無駄遣いしちったす… »

ジャック・ワイルドさんの現在

◆追記
検索からいらした皆さま、ご期待に沿えずにすみません。
この記事は、マークさんについてはほぼ触れてません。


=============以下、05年11月のエントリ


数日前のBBCニュースで、衝撃的な映像を見てしまいましたよ。
口腔ガンについての注意を呼びかけるような内容のニュースだったのですがね。そこに、ジャック・ワイルドさんが出てたんですょ。

口腔ガンで舌も声帯も失い、もう話すことも食べることも飲むこともできなくなってるジャックさんが。


ジャック・ワイルドといったら、あたしにとっては「小さな恋のメロディ」ですょ。
あの、小学3年くらいのときに見た映画です。

この映画を見て、「あぁ、なんで俺さまはイギリスの子供に生まれてこなかったんだっ!」と痛恨の地団太を踏んだものです。古い建物の美しさから生活様式のおもしろさ、学校の制服のかわいさまで、何から何までが魅力的でねぃ。( ´∀`)


jack1んで、当時のおらは主役のマーク・レスター(写真の右側)なんぞではなく(なんぞ呼ばわりはひどいか…)、友達役のジャック・ワイルド(写真の左側)にメチャクチャ惚れてますた。
すいません、この頃から、かわいいだけの男よりクセの強い男のほうが好きだったもんで…。

実はこのとき、ジャックさんは19歳くらいだったにもかかわらず、果敢にも小学5年生役に挑戦されてたのでした。
まぁ、ちょっとおにいさんっぽいかなとも思いましたが、違和感は少しもなかったすね、ええ。
さすが、子役上がりです。


その後、日本では情報がフェードアウトしちゃって、完全に「あの人は今?」状態だったんですがね。
こんな形で現在の姿を知ろうとはね…。

ネットを漁ったら、BBCのニュースリンクを載せてくださってるブログを見つけました。

TB先:旬のイギリス:小さな恋のメロディと口腔がん


BBCニュースページの写真、やはりここにも掲載させてもらいます。
これを見た皆様に、生きることとか、年取ることとか、健康を維持することとか、病気を乗り越えることとか、いろんなことをしみじみと考えるきっかけにしていただければな…と思うしね。
だって…

jack2 jackwild05
左側の19歳のジャックさんが、病気の影響とはいえ、こんな53歳になってしまったのは、やっぱりショックだしね。

舌や口内の組織を切除したために、顔がクシャおじさんみたいになるのは仕方のないことだろうなとは思います。
抗がん剤や放射線治療のダメージで、容貌が老け込むのも避けられないのかなと…。
でも、それにしても、これはつらいっす。・゚・(つД`)・゚・


ただ思うのは、自分の生活態度が悪かったから病気を悪化させたみたいな談話を記事に寄せてますが、あまりご自分を責められますな、ってことですね。
まぁ、ジャックさんはここを読んじゃいないので、誰か伝えてくんないかな、って感じですが。

そらまぁ病気っていうのは、不規則な生活や運動不足、飲酒・喫煙、食生活の偏りなどによって自分が招いてしまう部分も確かにありますが。だからこそ、彼のような人が世間に注意を呼びかける意味もあるわけですが。

ただどうか、もう自分を責めずにいただきたい。
声を失い、飲食の楽しみも失ってしまったとはいえ、それでもなんとか楽しく暮らす工夫をしながら、前向きに人生を楽しんでもらえるといいなと。


はぁ…。
「小さな恋のメロディ」のビデオ、見返してみようかな…。つらいな。


映画の画像:© KADOKAWA HERALD PICTURES,INC.

« 同類?仲間?共犯者?(;゚Д゚) | トップページ | また無駄遣いしちったす… »

健康と病気」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ビージーズのMelody Fairを歌詞見ないで歌える私が来ましたよ。

この人に比べたら整形失敗であっという間にただのオヤヂになってしまったミッキーロークのほうが悲惨かもね。
ご存知マイケルジャクソンは既にギャグの領域(聖域?)だし。

ムービースターは画面の中では永遠に若い時のままでいられるのがせめてもの救いですね。
それにしても若い時のジャックワイルドってドアーズのジムモリソンに似てるな。
(・∀・)カコイイ!!

>TETSUさん
んむ、言葉として「悲惨」は違うかなと思います。この場合。
ただただ病気は残酷だなと思う。二度と食べたり飲んだりできないこと。自分の声と舌でしゃべれないこと。悲しいだろうなと。
おらなんぞは、食うことしか楽しみがないから、耐えられないな。胃に直接チューブで流動食を流し込むだけの生活なんて。
もちろん、もしも自分が実際にそうなったら、他にいろいろ楽しいこと見つけちゃうんだろうけど。

しかし、ジム・モリソンは言い過ぎじゃぁ…。

ジムモリソンは言い過ぎでしたか(^^;)
ガリガリに痩せたらかなり似てる気がするけど、、、。
中学の頃、大ファンだったんだよねぇ(今は普通のファン)
とりあえずビートルズの誰かよりもジェフベックよりも似てると思う。

確かに病気として考えたら残酷ですね。
私は人間なにかしらハンデがあるほうがむしろ健全なもんだと信じちゃってるもんで、ちと感覚が鈍いのかも知れません。

>TETSUさん
ハンデというか、弱点がある人のほうが魅力的とか「一病息災」とかはそうだなと思います。
でも、食べられないっていうのは、俺さまにとって「ハンデ」という言葉では済まされないな。とてつもない損失ですよ…。その喪失感ははかり知れない…。
といっても、じゃあ、何をそんなに食いたいのだ?と問われても、「カツ入り台湾ラーメン」とか答えちゃう、その程度の人間なわけだが>おれ

そういえば昔読んだ本で「生きる(生命)とは食事のことなんだ」と言ってた人がいたっけ。
確かにハンデでは済まされませんね。

今、何を食いたいかな俺
リトルスプーンのシーフードカレーかな?

>TETSUさん
今、ハラ減ってんだ、おれ…。なんか食お。

申し訳ありません、トラックバックさせていただいたのですが、数字や漢字の間違いを直して、3回ほど投稿しなおしましたが、こちらへのTBも3回のってしまいました。本当に申し訳ありません。ご迷惑かと思いますが、お邪魔だと思いますので、削除してくださいますでしょうか。重ねてお詫びします。気をつけます。

「小さな恋のメロディ」は記憶にある限り、初めて観た外国映画だと思う。マーク・レスターを観て「こんな綺麗な男の子がいるんだ!」と周りの小汚い男子を思って目からウロコが落ちた気持ちになったのを覚えてるのだ。ジャック・ワイルドの”ワイルド”な魅力にも少し惹かれたけど、今はともかく昔はかわいい系が好きだったから(^^;)。

それにしても、ジャックの現在の写真・・・衝撃でした・・・。
どのガンも恐ろしいものだけども、口腔ガンというのは容貌まで変えてしまうのね。。ましてや食事が楽しめないなんて・・・。

病気にかかる原因はわからない部分が多いし、それを責めてもどうしようもないので、よしこさんの言うようにこれからの人生をせいいっぱい大切に楽しんで過ごして欲しいな、と思いマス。


>supikaさま
はいはい~。了解ですー。

>makoさん
ん? どういう順番で記事をお読みいただいたのかわかりませんが、最近の記事のほうをぜひ、お読みください。

http://praline.moe-nifty.com/blog/2006/03/post_d504.html

うーん、コメントの方から見たからかな・・・
失礼しました(^_^;)

それにしても亡くなってしまったなんて・・・ショック。
天国では「小さな・・・」の頃のお姿でしょうか。
ご冥福をお祈りします・・・合掌。

>makoさん
すいませんねぃ、わかりにくくて。
なにしろ、気ままに書いてるもんで。お許しください。

小さな恋のメロディーは今でも大好きな映画です。久しぶりにマーク・レスターの名前が出たので、そういえばあのジャック・ワイルドは何をしているのかしらと思ってみたらもう亡くなられていたんですね。写真を見てびっくりしましたが、奥様(?)と一緒に映っている写真の表情はとても穏やかで幸せそうなので安心しました。声を失ってもパントマイムで舞台に上がっていたなんて本当にすごい!役者としての人生をまっとうされたんでしょうね。素敵な映画を残してくれてありがとう!

>cookieさん
いらっしゃいまし。
昨日から急に検索でいらっしゃる方が増えて、ビックリしています。

今日になって、ニュースでマークさんの話題を拝見しましたが、いい感じにシュッとしたおじさんになられていて、お元気そうな様子に安心しました。

ジャックさん、晩年は病気についての啓蒙活動などもされてたようで、もう少し生きて、存分に活動できていればな…という思いは、今も消えません。

久しぶりにオリバーと小さな恋のメロディーをを見ました

歌や演技がすばらしいですよね


ジャックワイルドさんは今どうしているのかなと思い

ネットで調べたら

まさか病に犯されて命を落としていたなんて知りませんでした


声帯を失っても舞台に出演したと聞いたら
何とも言えませんでした


本当に悲しいです


ご冥福お祈りいたします

>ドジャーさん
いらっしゃいませ。

ジャックさん、ほんとに残念なことでした。
今見ても、「小さな恋のメロディ」のジャックさんはキラキラ輝いてますよね(・∀・)

今日はじめて小さいな恋のメロディをみた、
高校二年生です。父の勧めで見ました。
ジャックさんをやんちゃなところとキュートな笑顔に惚れました!
それでジャックさんについて色々調べたら、現在はもうすでにお亡くなりという事実を知り、ショックです。
生舞台とか見たかったです。。。
ジャックさん、おじさんになってもキュートなのは変わらなくてやっぱジャックさんなんだなあと思いました!
ジャックさんと同じ時代に生まれたかった・・・。

>ジャックワイルド大好きさん
いらっしゃいませ。

ほんとに、「小さな恋のメロディ」のジャックさんは、笑顔がキュートですね。
ちょっとさびしげな顔も素敵ですよ。

ご病気で亡くなられたことは本当に残念です。
自分もガンを体験して、健康には一層気をつけないとな~…と痛感しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/7256659

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・ワイルドさんの現在:

» 永遠に!「もう一人の男の子」−ジャック・ワイルド氏  [好きな事 嫌いな事]
映画俳優 ジャック・ワイルド氏が亡くなった。まだ54歳とのこと。 「オリバー!」の天才子役というより、 「小さな恋のメロディ」の、マーク・レスターじゃなくって、「もう一人の男の子」といえば、「ああ、あの、」と、思い出してもらえるだろうか。 純粋で可愛くて、いいとこの坊ちゃんふうなマーク・レスターより、 どことなく「危なげ」で名前のとおり「ワイルド」な、ジャックワイルド�... [続きを読む]

» もうひとりのドジャー、ジャック・ワイルドが亡くなってしまいました・・・。 [映画『オリバー・ツイスト』ブログ 〜ロンドンまで70マイル〜]
今日は悲しいニュースを聞いてしまいました。 1968年に製作されたキャロル・リード監督のミュージカル版『オリバー!』で アートフル・ドジャー役をやっていたジャック・ワイルドが3月1日に亡くなったそうです。 まだ53才。亡くなる年齢ではありません。口腔ガンだったとのこと。 (*写真は..... [続きを読む]

« 同類?仲間?共犯者?(;゚Д゚) | トップページ | また無駄遣いしちったす… »