サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« いよいよ放映ですか | トップページ | 4種のきのこのPota »

完結した白線流しですが

「白線流し~夢見る頃を過ぎても」で、一応10年前からのシリーズが終わりになったらしく。
で、F1の週だったから、見てないんですよ。録画忘れちゃったし。
ホテルの部屋に帰ったとき、まだやってたから最後だけ見たんだけどね。

正直、「これで完結しちゃうんすか?」と、よくわかんなかったです。

後から、ネットとかで情報を漁ってみたところ、ずいぶんテキトーなストーリーだったようですね。
渉の奥さん、殺しちゃったんですか? 最悪ですね。
死んじゃえばなんとかなる、ってもんでもないでしょう。

だからと言って、園子と渉がハッキリした形でくっつくってんでもないようですし。
それどころか、優介とくっついて離れてってやったようですけど、んなえーかげんな…。(;´Д`)

前作の「~25歳」もひどかったと思うんですが、今回もかなり破綻を来たしてたんですねー。
「旅立ちの詩」で完結しといたほうがよかったんじゃぁ…って感じです。

いやもちろん、連ドラ時代も当然、ご都合主義的な「んなことあるかいっ」という不自然な展開も見られたわけですけど、ある程度は「連続ドラマだから仕方がない」と思えたし、その他の甘酸っぱさがあるから許せた面もあったんですょ。
なんといっても、高校生だったし。

でも、いい大人になってまで、「んなことあるかいっ」の連続では、ちょっと…。
連ドラ時代の思い出や、登場人物に対する思い入れがあるだけによけい、期待を外された感が強くなっていってしまうんですな。
これは、「ふぞろいの林檎たち」のときもそうでしたが。

難しいね、やっぱり。こういうシリーズは。

« いよいよ放映ですか | トップページ | 4種のきのこのPota »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/6420197

この記事へのトラックバック一覧です: 完結した白線流しですが:

« いよいよ放映ですか | トップページ | 4種のきのこのPota »

Amazonサーチ