サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 自分ゴルフしないんですが | トップページ | ノートパソ、働いてるYO! »

編集者とライターって

編集者さんが、最終的な原稿内容と文字数を出してくれたんだけども。
イベント前の打合せでは、その項目についてドライバーから400字分のコメントを取るような話、出てなかったよね?と思ったので、ちょっとそれはないでしょ、というメールを出してみた。

確かに、イベント前の打合せでは、なんかやたらと「こんなことも、あんなことも、そんなことも…」と、ものすごく大量のリクエストを彼は指定してきてた気がする。
編集者経験ゼロの彼は、おそらくいい記事を作りたい一心で、ものすごく欲張りな要求をライターに出したかったんだろう。
彼の中では、だから当然、その項目について400字分のコメントも、材料の中から書けるだろうと思ったのかもしれない。

しかし、打合せの時点では、それはメインネーム800~1200字分のための資料集めとしての指定だった。
それ以外のカコミは、また違う内容になる感じだった。
だからこちらは、メインネーム800~1200字をおもしろく書くための材料として、いろいろ取材した。カコミのための取材もした。
それは、彼が「あれもこれも…」と、何でもかんでもと詰め込んできた内容をバカ正直になぞるのではなく、自分の構想を元にして、必要な取材をしたつもりだ。

そりゃそうだよ。あたしは1回のレースイベントで、いくつもの広報的な制作物を作るための取材に飛び回って、その日のうちに作らなきゃならない原稿をものすごい勢いで作ってるんだからさ。
申し訳ないけど、その雑誌記事2ページのためだけに行ってるわけじゃないんだょね。
たかが、と言っては悪いけど、メインネーム800~1200字のために、そんなに膨大な要求を押し付けられても、それはこちらで適当に調節させてもらうことになる。当然のこととして。

それに、あらかじめ編集者のアイデアが漠然として定まってないのを補うために、ライターに現場での膨大な取材を要求すること自体、ちょっとどうなのよ?と思うわけだ。
どうしたらいいかよくわかんないから、とにかく何でもかんでも全部取材しておいてください、って感じなんだもの。

でもって、イベントが終わった後に、いざ構成が決まって文字数を出してもらったら、急にドライバーのコメント400字を指定されちゃったんだょね。
それじゃぁ、追加取材が必要になっちゃうよ。

基本的に、レースイベントを中心にスケジューリングして、そのための企画をいろいろ考えてるわけだから。
後で急に、そんな構成を考えられても…って思うんだよね。
ドライバーに電話で後取材するのも申し訳ないし。

でまぁ、ライターを気持ちよく効果的に働かせて、いい記事を書かせるっていうのも編集者の手腕だと思うんだけど。
この編集者さんが担当するに当たって、編集長さんは「こいつ、何も知らないヤツなんで、教育してやってください。お願いします」とおっしゃったんだけどさ。
それ、外注ライターのあたしが教えてあげなくちゃいけないことなのかな…。

あたしだって、ただのライターであって、雑誌編集経験なんてないしさ。
教えてあげられることには限りがあるよ。
編集経験のない人をあえて採用したのは編集部だし、それを教育するのは編集部の役割なんじゃないのかなぁ??
違うの?

« 自分ゴルフしないんですが | トップページ | ノートパソ、働いてるYO! »

レースのお仕事」カテゴリの記事

コメント

http://sokusoku.cocolog-nifty.com/sokusokukasoku/2005/05/post_7dfc.html

いきなり自分のブログから持ってきちゃいましたけど、最低限「プロ」としてやらなければならないことをきちんとこなす人って、少なくなっていると思います。
業種を問わず、相手が自分の都合のいいように動いてくれると思い込んでいる、変に甘えた人って多くなってませんか。「そりゃあ、アンタのパパやママ、アニキやアネキにとっては可愛い○○ちゃんだろうけどさ、オレは他人なんだから」って言いたくなる相手って、男のほうが多いような…。

気持ちよく仕事するためには最低限の約束事を守らなければならない、厳しく取り組まなければならないはずなのに、その「気持ちよく」というのを「遊び半分」とか逆に「約束事は作らない」と勘違いされると、あとでお互い泣きを見るのに。
数年前の正月明けにある編集者(6月11日「不思議な人たち」の△□君)から「今年も、楽しく仕事しましょう」というメールを貰ったときは、「仕事というのはなぁ、厳しいんだゾ」と思いましたね、ハイ。

プロだったらどんな相手とでもうまくやっていけるのでしょうが、僕は半人前なので“トーシロー”とは仕事したくないです。
相手に対して失礼ですけど、最低のヤツだと覚悟して予防線を張り、「これでいいの? 本当に?」とイチイチくどいぐらいに確認しながら進めればいいのかもしれませんが、そんなことできるワケないですよね。こっちのほうが立場弱いのに。

「よ。」さん、そこの編集部から「指導料」も貰わなきゃ。

長文、失礼しました。あ、カナダ始まる。

>つ さん
コメントありがとうございます。
プロだったらどんな相手でもうまくやっていける…。その場合の「うまくやってく」って、適当にあしらいながら業務をつつがなく進める、って感じですかね。
ほんとに、指導料もなしに人の道のイロハから教育とかしてらんないですから。

ていうか今回も極力、適当にあしらいながら、自分なりに進めたんだけどなぁ。

いまカナダから帰ってきました。

以前10年ぐらい活躍しているライターさん(非モータースポーツ系)に別件で相談したことがあったのですが、その方もいろいろ不満は感じつつもあまり気にしないようにしているみたいです。ご本人は、「いい加減なので」と言っていましたが。

どこの編集部かは存じ上げませんが、相手あってのことですしね。

最低限「プロ」としてこなさなければならないことをきちんと出来る人って、昔も少なかったと思います。変に甘えた男の人は沢山忌ました。いろんな方面で一緒に仕事したおぢさんたちの顔を思い浮かべてみましたが、まともだった人って1つの仕事場に一人いたかいないか、です。私の限られた経験上ではありますが。
で、その頃の私がどう対応していたかというと。いちいち腹を立てていても仕事は進まないので「んなことは聞いていないので自分でやって下さい。」と無視してました。会社員ならではの対応ですな。フリーの人には難しいか。

私は編集とか関係ない仕事してるんであれですが、webの仕事や写真なんかやっていてもディレクターっつうか上の立場の人間が現場判ってないと実制作者が割り喰ってテンテコ舞ってしまうってのは何度も経験してるなぁ、、。
どんなインターフェースにするかとか頭の中に青写真も出来てない癖にラフも何度も見てるはずなのに、制作段階入ってから思いつきで変更言ってきたり(笑)。「まぁ全体的に判るように撮っておいて下さい」みたいなこと言っておきながら、後から「それは要らないでしょ」って感じの部分の細かなディテール写真を欲しがったり、、。写真の場合はサンプルを再び借り出すのも大変だし時間も掛かるんで、明らかに撮っておくべき所を撮ってなかった場合なんかのこっちの凡ミスな場合を除いては撮り直ししないで、コンセプトから細かく説明して(これ逆なんだけどね)納得してもらってます。
で、そういうディレクターの仕事は次からは請けないかといえばそうも行かない場合が多々あるわけで、次からはこっちも勉強して「これは要らないだろうけど一応撮っておくか、、」みたいになる訳で、なんかちょっと負けた気分(爆)。

>つ さま
カナダ! いいですねっ。カナダは行ってみたいGP筆頭です。
でまぁ、自分も非常にアバウトな性格なもんで、気にしないようにしてたところで、締切直前の文字数指定で(゚Д゚)…という事態になったので、ブログでグチらせてもらった次第です。
土日をはさみ、まだお返事がありません…。

>Pまま
今回の場合に限っては、「どうしてもコメントが欲しければ、そちらで取ってください」と言えるかもしれニャイ。
ただ、通常はライターが「使われてる立場」だからね。なんとか工夫して、自然に自分のペースに持ってくしかないな。
そのためにも今回はキッチリ言っとくかなと、行動に出てみますた。

>Jundoたん
写真の場合はさー、そもそも見開き2ページの3~4枚のために何十枚も撮るのが基本だから、「これは要らないだろうけど一応撮っておくか、、」もあり得ると思う。
ライターだって、そりゃいくらかは「念のために」の取材をいろいろしておくけど、アイデアを絞ってない編集者の「後でどうにでもなるさ」をかなえてやるためだけに、無駄な取材を山のようにしておくわけにはいかない。
それこそ、そんなのはライターとして恥ずべき「負け」だと思う。

カナダ、CSでグランプリを観終わったという意味で脳内旅行です…。

>無駄な取材を山のようにしておくわけにはいかない。

取材直後には原稿にしなくても、あとで活きてくるネタというのもたしかにありますが、貴重な時間を割いて取材に応じてもらっているのに、「聞くだけ聞いて、使いませんでした」ってワケにはいきませんもんね。

私も元気な頃はカナダまで実際に出かけたもんだが(遠い目)もはや、宇宙旅行に近いような土地になっちゃったなあ。でさ、「つ」さん。
空港のカウンターでモントリオールの発音がどうしても聞き取れなかったしこちらが発音してもポカーンとされるばかりえ、久々の筆談を強いられたんだけどさ、あれ、カタカナに直すと何って言ってるの?他人のブログで質問するのもなんだけど。

>つ さん
イギリスやドイツのGPは脳内でも十分だけど、カナダは実際に行ってみたいすー。
で、確かに「これは記事にはならないんだけど」っていう取材は、お話を聞くお相手に申し訳ないんですよねー。

>ボスたん
どうぞお好きに使ってください。RACING VIEWSにさえ書けないような裏ネタとか、ここ使ってお話しくださいな。

大串様:
僕のブログでお答えしました。毎日更新していると、ヒマなのがバレてしまいます。

それにすぐ反応しました。
忙しいんですよ、オレ様。
本当なんです。本当なんですってば。

>つ さま、ボスたま
忙しくてもネットくらいできます。
そういうおいらは、ファミレスでゴルフ屋レーサーの原稿を書きながらネット見てまつ。(・∀・)
新しいノートパソ、いいっす。7時間はウソっぽいけど、6時間くらいは持ちそうでつ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 編集者とライターって:

« 自分ゴルフしないんですが | トップページ | ノートパソ、働いてるYO! »

Amazonサーチ