サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 血流がほぼない | トップページ | 裏原がどうとか言ってるが »

日本は終わるね…

4日に中学の同級生と会った折に、興味深いお話をいろいろと聞くことができた。
彼女は高校の教師をしており、これから世の中に出てくる予定の人間たちがどんな生き物であるのか、現場で見ているのだ。
もちろん、その未成熟な生き物らの「親」がどんな生き物であるかも。
さらに、未成熟な生き物らを導くはずである「教師」という連中が、どんな有り様であるかも、よく見ている。

とまぁ、そんな話を聞いていて思った結論は、日本は早晩崩壊するということだ。
とりわけ、子供らについては、もう手の施しようがないところまで来ている気が…。ヤバ過ぎである。こんな風に歪んだ脳みそができあがっちゃった人間は、社会に出ても、一体どこまで更生できるんだろうか。

自分が若い連中と接してて思ってることも併せてみると、とにかく子供らはデジタル思考が「デジタルであり得ない普通の世の中の事象」にまで染みとおり過ぎている。
彼らにとっては、ありとあらゆる物事がプツンプツンと個別に存在しており、関連しあったり連なりあったりはしていない。彼らの中ではおそらく、非常に漠とした世界に、ひとつひとつのことが単独でプカプカ浮かんでいるんだろう。
だから、ひとつのことを法則や価値観として解釈し、関連する事象に応用することが「ひとっつも」できない。

たとえば、「○○を大事にしろよ」と言われても、それが「…ということは、△△も大事にすべきなんだろうな」という風には、決してつながってはいかない。断じてつながらない。
彼らは、「○○を大事に」というのを、物事全般の価値観として解釈することはない。単独のタームとしてしか理解しない。
だから、新たに別個な命題として、「△△を大事に」と言われないと、全然わかんないのだ。
したがって、仮に△△を大事にしてないところを見て、「この前、大事にしろと言ったろ?」と叱っても、「△△を大事にしろとは言われなかったから」と素で思ってる子供は、ただきょとんとするばかりなのだ。

悪いことをするときも、うちらの時代には悪いとわかってて、だからこそ悪いことをするスリルと快感があったりしたわけだが、今は価値観自体が存在せず、なぜそれが悪いのか、そもそも世の中にいい悪いがあるということすら、はなから全然わかってないことのほうが多そうだ。
たぶん、スリルも快感も罪悪感も疑問もなく、普通にやってるんだろうね…。

ことほどさように、脳みそがのっぺりとしてて、あらゆる感覚やセンスが欠落した人間が量産されてるわけで、これはもう、日本はおしまいでしょう。

とはいえ、大人がバカだからそうなってるとも言えるわけで、ある小学校のエピソードを最後に。
宅間守の大阪・池田小事件を受け、全国の小中学校が校門を閉めておくようになった時期、とある小学校は開けたままにしていた。
その理由は、文部科学省が提唱する理念が「開かれた学校づくり」であるから。
…あんたらにとって「開かれた学校」って、校門のことかい、と。物理的に校門が開いてる状態のことなのか、と。

« 血流がほぼない | トップページ | 裏原がどうとか言ってるが »

事件や社会」カテゴリの記事

コメント

まったくもって、その通り。
思春期の子どもを育てている私が言っちゃぁ、元も子もないが。凄く実感してる。
で、きちんとした感覚を持っている子どもたちは学校に行けなくなる。長男の通うフリースクールにいる子どもたちを見てるとそんな気がするよ。

>Pまま
デフォルメして書いてる部分もあるので、もちろん全員がバカってわけじゃないし、学校によっても違うんだろう。

でも、「うちの子は違う」とは思わないほうがいいぞ。
だって、原因も単体では存在せず、とりまく環境のすべての要因が関連しあって、そういう人間を作ってるんだろうから。
親がしっかりしてれば大丈夫、って問題ではないのだ、たぶん。
だから、親がどんなに真摯に頑張っても、自分の子供もヘンな人になる可能性は高いってことだよ。

「うちの子は違う」って思ってるわけではないんだ、これが。f^_^;
実は、うちの長男も次男も
>ありとあらゆる物事がプツンプツンと個別に存在しており....
ってタイプだもの、まさに。
毎回毎回、説明しなきゃいけないのよ。これ、結構キツイよ。何で通じないんだろう、とは思う。
でも、とにかく説明しなきゃいけないって思ってるよ。親が説明すること(場合によっては怒ること)を止めちゃ駄目だと。説明を止めるって、子どもを切り捨てるのと同じでしょ。
そこだけは頑張ろうと思う。

>Pまま
がんがれ…
おらも、他人の子相手にがんがる。

うみゅ、あたしも甥や姪と話す時は、出来るだけ考えさせてるようにはしてる。
しかし、気が遠くなるような話だな、子育ては。

わ~~~お、こうなるのか~~~。
なかなか切れ味鋭く書いてくれました。
感謝!
みなさんのコメントもなるほど・・・。

>しんとうさん
お?子供でも生まれるですか?

>ハナちゃん
自分でも書けば?いろんなネタ持ってるし。

そういう予定はないねぇ。
単に改めて子供を育てるのは大変だなと思っただけあるよ。

>しんとうさん
さよですか。そら失礼しますた。
でもまぁ、視点を変えれば、世の中の人間は全員、大人に育てられて今に至ってるわけだから、そんな特別に大変ってこともないよ。

いえいえ、どういたしまして。
子育てしてないあたしが言っても、想像上の話だからね。大変だけど楽しいという人もいるし。

はい、ここに大変だけど楽しいって言う人が一人おりますで。(^_-)
ほんっとに大変だけど、子どもがいてわかる生活の面白さってのもあってね。
ぢゃなきゃ、三人目なんて生まないっつーの。
別に他人に勧めることでもないけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本は終わるね…:

« 血流がほぼない | トップページ | 裏原がどうとか言ってるが »

Amazonサーチ