サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« そして火曜日の仕事 | トップページ | クリスマスは勝手にやってくる »

閉店いたしますの音楽

青梅街道にできたクイーンズ伊勢丹のその後。

那須のおいしい低脂肪乳」が買えるほか、いくつかのポイントで、これからもここを使っていこうかなと思うに至っております。
那須のおいしい低脂肪乳は、低脂肪のうえ低温殺菌で、すごくおいしくてメチャクチャ気に入り、西友でよく買ってたんだけど、そのうち西友で置かなくなっちゃって、さびしく思ってたもんで。


そんなことより、今日閉店間際に行って衝撃的だったことがっ。

デパートって、閉店5分前くらいに決まってかかる閉店準備音楽が、それぞれあるよね。
それが、あたしが伊勢丹でお取引先従業員として働いてた20年くらい前と同じのが、今日もかかったんだ。
2004年12月のクイーンズ伊勢丹杉並桃井店でも!

たぶん通算4年近く伊勢丹で働いてたんだけど、途中で一度、閉店準備の音楽は変わってる。
いつだったかわかんないけど。そのときから現在まで、伊勢丹系列の小売店は同じ音楽を使ってるんだな。ビックリだ。


それ以上にビックリしたのは、その頃の気分、「やっと、やっと閉店だ…orz」という、とてつもない疲労感みたいのがよみがえってきて、ぅゎぁぁぁぁ!って感じになっちゃったことだ。

もうね、勝手に音楽を全部記憶してるんだよね、自分が。
軽く口ずさめちゃうし、「ここで転調になり、このタイミングで閉店のチャイムが入る」といったことまでキッチリ覚えてる。

2コーラス目くらいでレジからお金出して…なんて、閉店の手順まで記憶が戻ってきちゃって、参った。(;´Д`)
音楽の威力って、すごいもんだね。

なんか今夜は、デパートで働いてる悪い夢でも見そうだ…。(((( ;゚Д゚))))


いや、こう書くと小売の仕事がイヤだったみたいだけど、正直好きだよ。

自分がお買い物を楽しんだときとかにも一層感じるけど、末端消費者に物を売るって、すごくおもしろい仕事だと思う。
今も、またやりたいなと思わないでもない。

でも、とにかく仕事がキツイ。あのキツさを思い出すと、気が遠くなるんだょ。

« そして火曜日の仕事 | トップページ | クリスマスは勝手にやってくる »

ショッピング」カテゴリの記事

一般のお仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すばり、ハマった!わかるわかるお店の音楽♪
有線でなく、専用のメロディーを流しているお店で働いている場合、耳に残るんだなぁ〜
家に帰っても、頭ん中ぐるぐるまわっちゃってて大変なんだな、これが。

いや、働いてるときの「家に帰っても鳴ってる」のつらさも、とくにクリスマス時期とかはイヤなんだけどさ。
離れてから10年以上経ってて、この鮮明な思い出し方は驚異だったよ。
近年、閉店時間までデパートにいることはなかったから、閉店音楽を聞いたのはあまりにも久しぶりで、免疫なかった。油断してた。

いや、閉店の音楽以外は、あまり反応しないんだ。夕方に伊勢丹をぶらつくと「早番の人すみやかに退社してください」の音楽(チキチキバンバン)とかかかるんだけど、これ聞いても別に「おぉ、今もこれなのか」としか思わない。
そういや、西武の「本日の予算達成しました」の音楽(クワイ河マーチ)は、たぶん30年以上変わってない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/2357805

この記事へのトラックバック一覧です: 閉店いたしますの音楽:

« そして火曜日の仕事 | トップページ | クリスマスは勝手にやってくる »