サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« 立川ペニシリンパウダー前編 | トップページ | キレイなお店のもんじゃ »

立川ペニシリンパウダー後編

しかし、なぜ「ペニシリン」なのか。

ここで物凄いページを発見。昭和24年の国会答弁書である。(((( ;゚Д゚))))

「参議院議員小林勝馬君提出結核特効薬としてのストレプトマイシンの効果についての質問に対する答弁書」というもので、詳しい内容は省くが、その中で「既に我国ではペニシリンの製造に成果をあげたすぐれた技術があり…」に続き、ストレプトマイシン製造業者の候補一覧に「立川医薬品工業株式会社」の名前がある。

つまり、これは立川ペニシリンと同一企業で、もともとペニシリンの製造を行っていたのであろうことが推測できる。昭和24年当時は立川医薬品工業株式会社だった社名が、のちに立川ペニシリンになったのでは??


ところが、医薬品関連企業調査年報の2003年版になると、立川ペニシリンの名前はなくなり、代わりに立川製薬(株)というのがある。

「立川製薬」で検索してみると、ショッピングサイトに「タチカワ電解カルシウム」という商品が出てたりして、医療用製品では「立川歯科用テトラサイクリンパスタ」なんてのもあるようだ。

うむ、やっぱり歯科である。
これは立川ペニシリンと同一企業に違いニャイ!(`・ω・´)


…と思ってたら、なんと!あるページに電話番号が書いてあるではないか!!
きゃー!電話しちゃおう(゚∀゚)ドキドキ。

ってことで電話取材を敢行したところ、やはりあたしの読んだとおりであったぞ!

つまり立川医薬品工業株式会社は立川ペニシリンの前身であり、昭和30年にあらためて立川ペニシリンとして、大船に工場と会社が設立された。
平成13年までその社名を名乗っていたが、その後は立川製薬となり、場所もいろいろ移転して現在は広島県の福山だそうな。


設立当時の営業内容はもちろん、ペニシリンの開発と、主に歯科医向けの関連製品製造だ。
そして一般向け商品として、パウダーや歯磨を作っていたのだそうだ。

昭和20~30年代には、東大教授と協力しながらペニシリン開発の初期から関わり、外国の文献を翻訳して当時の厚生省のペニシリン使用基準作成に貢献したりもしてたそうな。なかなか由緒正しい会社だね。

んで昭和40年代に、当時の社長が地方の駅や鉄道沿線にホウロウ看板をいっぱい掲げたんだそうな。それが、ごく一部に残ってるんだね。(´∀`)

しかし平成13年頃、厚生労働省による医薬品の再評価によって、天然原料由来のペニシリンの運用が中止になり、それを機にペニシリンの取り扱いをやめ、同時に名前も変えたとのこと。
今は同じ抗菌剤でもペニシリンではなく、テトラサイクリンをおもに扱っている。


そして、一番重要な問題。パウダーや歯磨にペニシリンは入っていたのか?を直撃してみた!(`・ω・´)
すると、「入ってましたよ」という答えが!

昔は、ペニシリン濃度が1万単位とか5千単位以下なら、一般向け化粧雑貨に使える…みたいな基準があって、抗菌効果を狙って汗取りパウダーや歯磨き剤に微量のペニシリンを配合することは、まったく問題なかったのだそうだ。にゃるほどねぃ~。

立川ペニシリンパウダーのホウロウ看板右下に小さく、「アセモタヾレに」と書いてあるとおり、こじれたアセモにペニシリンパウダーをはたけば化膿しないで済んだのかもしれないし、ペニシリン歯磨は歯肉炎予防に役立ってたのかもしれないね。(・∀・)

使ってみたかったな、立川ペニシリンのパウダーと歯磨。

« 立川ペニシリンパウダー前編 | トップページ | キレイなお店のもんじゃ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学や自然」カテゴリの記事

コメント

いや~、とても興味深い「夏休み自由研究」ですなぁ。
「前編」と「後編」を一気に読破してしまった。(大袈裟気味)
街角で見つけた「風変わりな物」「不思議な物」「解せない物」などを記事にした「VOW誌」に合い通じるテイストを強く感じました。大事な感覚です。

我が妹ながら、さーすがーと思ってしもた。まっそれはどうでも良いんだけど…

クフ..( ´∀`)テレルナァ

電話取材したのねー、すごいや。
なんて切り出したのか聞きたいです。

あたしもVOW思い出した
それにしてもホントによく観察してますね
ウチの近所の居酒屋で「揚げあんこ餅クリーム添え」という
奇妙なメニューを発見したのもそういえばあなたでした
(^-^;)
鋭い観察力と取材までするという行動力、お見事です

>てんこ

ん?普通だよ?
ニッセンとかに商品の問い合わせすんのと同じように…

>う

観察というか、あたしが見たのは走ってる電車からだから、古びた看板が一瞬だけ見えて、「な、なんだ今のは?」と思ったという、それだけですだ。はい…。
でもまぁ、俺っちは体質がウォッチャーなんで。

はじめまして。
家に立川医薬品工業株式会社と書かれたプ
「油性結晶 ロカインペニシリンG」
の箱 厚み3cm長さ12cm横4.5cmの箱があります。
使用期限が27/11/27なので昭和だと思います。
なんだろうってググっていたら こちらにたどり着きました。
不要なので研究によろしかったら差し上げますけど。


>sanoさま
はじめまして。いらっしゃいませ。
すごいものがお家にあったのですねぃ。

有難いお申し出なのですが、私は看板に興味を持っただけですので、そのロカイン…についてはご遠慮しておきます。
ヤフオクにお出しになってみるとか、いかがでしょう。

ということで、この度はコメントをありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/1173610

この記事へのトラックバック一覧です: 立川ペニシリンパウダー後編:

« 立川ペニシリンパウダー前編 | トップページ | キレイなお店のもんじゃ »