サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

西荻の猫たち09~

  • Nishiogicat018
    西荻の猫09年~。05~08年はこちら

西荻の猫たち~08

  • Cat97
    西荻の猫05~08年。09年以降はこちら

善福寺公園の猫

  • Zenpukuji96
    善福寺公園で会えた猫たち。

西荻・南口にゃん

  • Cat348
    昔は名前も知らぬまま親しくさせてもらったシマちゃん。 2014.6.29の夜に亡くなったとのこと。 ありがとう。合掌。

西荻・町はずれ猫

  • Cat255
    ご近所の猫。

船橋の猫たち

  • Funacat29
    船橋にも、ヵヮィィにゃんこがいます。

Cotswolds & Lake District 2002

  • L20footpath
    英国観光の王道といえるふたつのエリア。

Portobello Market 2002

  • P01organ
    大好きなアンティークマーケット。
無料ブログはココログ

« ショッピングチャンネル | トップページ | 花屋の店先に並べない »

平然とスポーツを蹂躙する脳

ここ何日か、アジアカップにおける中国人観客のブーイングがいろんなブログで話題沸騰だけど、メディアでもかなりニュースになるようになったし、大臣もいろいろ言い出したね。

この件でヨーロッパ人などは2008年の北京五輪を心配したり、先のWCコリア・ジャパンでも、韓国人サポーターがけしからん行いをしてたことなんかまで引っ張り出して非難したりしてるようだけども。
中国人も韓国人も、たまたま極東の黄色い人種である点で日本人と同じであり、ヨーロッパ人からこういう見方をされると、なんか自分ら日本人まで変な目で見られた気がして、なんや気ぃ悪いわ、という感じだな。

文化的に程度が低く未成熟なこうした行動を、人種的なくくりで見ることは非常に危険なんだが、あたしは思わず「平然と車内で化粧する脳」という本を思い出したよ。これ、心療内科の待合室で読んだ本なんだけどね。

詳しいことは省くとして、この本が言ってるのは、人間はサルがネオテニー(幼形成熟=ウーパールーパーのように、肉体や脳が幼い状態のまま成熟すること)化したもので、そのネオテニー化の進化がもっとも進んだのがモンゴロイド(例:大人でも体毛が薄い、頭が丸くて大きい、見た目が明らかに幼い…など)なのであり、したがってモンゴロイドはしつけや教育に気をつけないと、脳が未熟なままで恐ろしく認識能力に欠けた人間ができあがってしまうのだ…みたいな感じ?

ちょっと、下手すると民族に等級をつける危険思想と取られかねなかったり、子供の主体性無視みたいな(そもそもモンゴロイドは進化的に独立心や主体性に欠けてるものなのだそうで、だから子供に個室なんかいらないそうで…)前時代的な教育を容認してるかのようにも取れたり、結構ヤバイ感じの内容なんだけど、学者と南伸坊の対談という形式で書かれているので、軽く読めてしまうという危険な本だ。(@ ̄w ̄@)ぷ

まあ、あのブーイングを聞き、またニュースなどでいかにもアタマ悪そうな中国人たちの様子を見て、そんなヤバイ本を思い出しちまった俺ってのも、結構危ない人間なのかもしれんな。

« ショッピングチャンネル | トップページ | 花屋の店先に並べない »

科学や自然」カテゴリの記事

コメント

その本は読んでないけど、タイトルは覚えがあるから、話題になったのだろうね。

最近の研究では、以前は後天的と思われていたものでも、実は遺伝子である程度決まるものがあると判ってきたらしい(このへん、あいまい)。
それが本当だとしても、レイシストに格好の口実を与える可能性もあるから、取り扱い注意だわな。

2日ぐらい前に、吉田秋生のイブの眠りを買ってきたばかりだから、ちょいと系統が違うとはいえ、タイムリーな話題だわさ(^_^)。

そそ。ネオテニー論っていうのも、環境などの後天的要因でなく、進化論を踏まえれば遺伝子的に人種ごとの特徴というものがハッキリとあるのだ…というスタンスに基づく学派のようだよ。
もちろん、特徴そのものはあるんだろうから、むやみに懐疑のみの目で見るのも不毛だけど、変に解釈すればやっぱり、レイシズムにこじつける口実を与えてしまうよね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42417/1123315

この記事へのトラックバック一覧です: 平然とスポーツを蹂躙する脳:

« ショッピングチャンネル | トップページ | 花屋の店先に並べない »